月1面会で介護サービスを向上させよう!「モニタリング」の活用法

執筆者: 馬淵 敦士 職業:会社役員
はじめに

こんにちは、ベストウェイケアアカデミーの馬淵敦士です。

介護サービスがいよいよ始まると、ヘルパーさんが来る、デイサービスに行く、福祉用具を使うなど、毎日が動いていきます。

 

 

ケアマネジャーもご家族も、もちろん主役の利用者さんも一段落と思っていると、今度は「モニタリング」というものが始まります。

 

今回はその「モニタリング」について見ていきます。

「モニタリング」とは

「モニタリング」と聞くと、少し嫌な顔をされるご家族、利用者さんがいます。

 

監視される?

モニターという言葉から、監視されているイメージが浮かぶのでしょうか。

こんなとき、ご家族や利用者さんの顔には「せっかくサービスを機嫌よく使っているのに、監視されないといけないの?」と書いてあります。

 

ご機嫌伺いのようなもの

しかし、この「モニタリング」は、利用者さん、家族さんを監視するためのものでは、もちろんありません。

分かりやすいように簡単に言えば、「ご機嫌伺い」のようなものと考えて頂ければ結構です。

「モニタリング」の必要性について
月に一度、利用者と必ず面接する決まり

介護保険法のケアマネジメントでは、「必ず月に1回居宅を訪問し、利用者と面接をする」ことが義務づけられています。

 

すなわち、サービスを利用していれば、ケアマネジャーが、毎月必ず家に来ることとなります。

 

そこで、現在のサービス状況、計画の進捗状況などをお話ししながら、翌月以降のサービスなどについて説明が行なわれることでしょう。

 

刻々と変化する利用者の状態や、ニーズを確認する場

特に、現状に問題がなければ、そのままサービスを継続していくことになるのですが、実際、不具合が生じることもありますよね。

 

ケアプランは、あくまでも机上の空論でしかないので、実際にうまくいくかは始まってみないと分からないことも沢山あります。

そのため、この月1回の「モニタリング」は、そういう意味でもケアマネジメントの要とも言えます。

家族はどう対応すればいいのか

ケアマネジャーが、毎月家に来るとなると、少し負担を感じるかも知れません。

 

不満や思っていることを専門家に伝える、大切な機会

しかし、この訪問がなくなってしまうと、利用者さんが不満に思っていることを聞き出すこともできないですし、思っていることを専門職に伝える機会が奪われてしまい、結果、利用者さんが我慢を強いられてしまうことに繋がるわけです。

大きなトラブルを防止するために

そのようにトラブルが大きくなってしまえば、また一からプランを作り直すなど、余計手間がかかってしまい、皆がストレスを抱える状況になってしまいます。

 

これらを予防するためと、「モニタリング」にお付き合いをいただければと思います。

 

おわりに

さて、介護保険制度について、介護保険のサービスが使えるためということでお話しを進めてきました。

 

ケアマネジメントの流れについて理解をいただけたかと思います。

次回からは、別テーマでお話しを進めていきますのでご期待ください。

 コラムニスト情報
馬淵 敦士
性別:男性  |   職業:会社役員

はじめまして。
大阪府豊中市でかいごの学校をしております、ベストウェイケアアカデミーの馬淵敦士と申します。
主として介護系受験対策講座の講師などで呼ばれたところへ飛んでおります。
また、教育分野をより深く探求するため、現在奈良教育大学大学院教育学研究科へ所属しております。
所属学会:日本児童青年精神医学会