ターキッシュエアラインズの魅力に迫る!「ターキッシュエアラインズ ビジネスクラス搭乗記」 (4/7)

執筆者: メイス

 

ビジネスクラス機内編2(天空のレストランで世界一の機内食を)

機内食に力を入れていることで有名なターキッシュエアラインズ。

特にビジネスクラスの機内食は世界一との評判で 、実際に2014年の「World Airlines Awards」のビジネスクラス機内食部門で世界1位と、最高の評価をされています。

 

ビジネスクラスには、本物のシェフが帯同し、盛り付けや配膳を行うほど力を入れており、いやが上にも期待が高まります。

 

それでは、実際に体験した機内食をご紹介します。

 

 

機内食と飲み物

 

搭乗して間もなく、離陸前のウェルカムドリンクが提供されます。
4種類(オレンジ、ストロベリー、レモネード、ミネラルウォーター)あって、私はストロベリーを選びました。

 

離陸後には、GODIVAのチョコレートが配られます。

一粒ですが(日本で買うと1粒300~400円位します)、箱に入っているので、すぐに食べてもいいし、後で食べるか、持ち帰ることもできます。

 

トルコのお菓子も配られます。こちらは、座席クラスに関係なく、全ての人に配られるようです。

 

こちらは機内食のメニューです。

行き、帰りともに、1回目の食事がフルコースのスタイルで、メインは自分で好きなものを選ぶことができます。

 

日本語のメニューも同封されていますので、安心です。

 

飲み物も充実しています。ワインの種類も豊富です。もちろん、ソフトドリンクもたくさんの種類があります。

 

まず初めに飲み物からスタートです。
シャンパンとミネラルウォーターをオーダー。併せてナッツがでてきます。 

 

食事の一皿目です。これは3つとも本当においしかったです。

 

次に前菜とサラダなど。

 

次にコーンスープ。併せて焼き立てのパンが数種類提供されます。

 

そしてメイン。メインは和食をチョイスしました。

日系の航空会社ではないので、和食で大丈夫かなとちょっと心配もありましたが、全く問題なしです。和食もおいしくいただけました。

(※下記の写真は食べかけになってしまいましたので、ご参考までにご覧ください)

 

提供される料理は、季節や路線によって変わります。ビジネスクラスの機内で提供される食事の一部の写真を掲載しますので参考にしてください。

 

 

 

このように、まるで高級レストランで食事をするかのように、優雅に機内食をいただくことができます。

写真を見ていただければわかると思いますが、どの料理も質が高く、本当に美味しかったです。

 

 

デザートワゴン

そして、特筆すべきなのがデザートです。

ターキッシュエアラインズのビジネスクラスでは、デザートワゴンのたくさんの種類のデザートから好きなものを選ぶことができます。

 

過去にいろいろな航空会社のビジネスクラスを使ったことがありますが、これほどまでにデザートが充実しているのは初めてです。


トルコの伝統的なお菓子をチョイス。とてもおいしかったです。

 

デザートのあとは、コーヒー、紅茶などをいただけます。

 

私はチャイをお願いしました。

ここでも、小菓子がついてきます。

 

 

一通りの機内食のサービスが終了したころには、もうお腹いっぱいで動けなくなるほどでした。

食べ過ぎてしまうほどに、どの料理もクオリティが高く、ボリュームも満点でした。

※この他にも、到着前にもう一度軽い食事が提供されます

 

実際にこのビジネスクラスの食事を体験すれば、なぜターキッシュエアラインズの機内食が世界一と評価されているのかを理解することができます。

 

パンも焼き立てのものを提供するなど、細かい部分までしっかりとしたこだわりがあり、他の欧州系の航空会社の機内食とは比較にならないくらい高いレベルと言えるでしょう。

 

 

 

ビジネスクラス機内編3(その他)

通常、あまり話題にはならない「トイレ」について。

 

トイレは、どの航空会社でも大体同じようなもので、ほとんど差もないのですが、

ターキッシュエアラインズのビジネスクラスのトイレは、非常に綺麗で豪華な感じの作りでした。

 

トイレの中には、香水などのアメニティもあり、良い香りが漂っていました。

 

 

次は、噂の世界最大級と言われるイスタンブールのラウンジレポートをご紹介します。

 

 
 コラムニスト情報
メイス
性別:男性  |  

ciao!!