海外ネット接続は、スタバで!各国スターバックスの無料Wifiまとめ

執筆者: りーな 職業:グアテマラガイド・旅人
はじめに

今や、海外旅行中にインターネットに接続できるかできないかは、非常に重要な問題です。

 

ホテルで使えるのは当たり前になりつつありますが、出先で使えるかどうかが重要です。

今回は、各国のスターバックスでのインターネット事情を紹介します。

 

 

ヨーロッパ圏のスタバはネットが可能か!?
ドイツ

2時間無料で接続できます。ドイツ国内に店舗も多く便利です。

ドイツはトイレが有料の所が多いので、スターバックスでコーヒーついでにトイレも拝借すると便利です。

 

オーストリア 

無料で接続できます。

しかし、最近はスターバックス以外の老舗カフェも無料で接続できる場所が増えています。

カフェの町ウィーンでは、アメリカから来た新しいスターバックスより、老舗の現地カフェをお勧めします。

 

スイス

無料で接続できます。

 

スペイン

無料で40分接続できます。

 

イギリス

2時間無料で接続できます。

しかし、イギリスではコーヒーより紅茶を飲みに行った方が良さそうです。

 

スタバ発祥の地、アメリカでは?
アメリカ

無料で接続できます。

スターバックス発祥の地(シアトルが1号店)であり、店舗も多く非常に便利です。

 

中南米のスタバはどうでしょう
メキシコ

無料で接続できますが、パスワードを聞く必要があります。

 

グアテマラ

無料で接続できます。

しかし、まだグアテマラ市内に3店舗しかありません。

他のカフェも無料で接続できる場所が多いので、わざわざスターバックスを探す必要はありません。

 

バハマ(ナッソー)

飲み物に加え、1時間3米ドルの使用料がかかります。

周辺のカフェ等も有料の所が多く、1時間3米ドルは、決して高くはないようです。

 

ペルー

無料で接続できます。

ペルーのタンブラーは、もちろんマチュピチュ遺跡柄です。

 

チリ

無料で接続できますが、店員にパスワードを聞く必要があります。

チリのタンブラーはモアイ像柄です。

 

おわりに

インターネットに接続できると思ってコーヒーを頼んでも、実際は店舗の限られた場所でしか接続できなかったり、ものすごく遅かったり、「今日は接続できない!」という場合があります。

まずは接続可能かどうか、店員に確認してからの利用が良いと思います。

 

また、Free-Wifiはセキュリティが弱いので、パスワードを必要とするようなウェブサイトは極力見ないようにすべきです。

注意して利用しましょう。

 
 コラムニスト情報
りーな
性別:女性  |   現在地:グアテマラ  |   職業:グアテマラガイド・旅人

これまでヨーロッパ、中南米、カリブ海を中心に30か国以上を旅行。
留学、バックパッカー、鉄道旅、世界遺産めぐりなどを経験。
旅行の豆知識をお伝えします。

 

 旅行のコラム

 生活のコラム

 PC・家電のコラム

 インターネットのコラム