市販でもノンシリコンシャンプーが大人気ですが、シリコン入りシャンプーは本当に頭皮や髪に危険なのでしょうか?自分でシャンプーを買う時は、値段やボトルデザイン、香りだけでなく成分も見てみましょう。

どんなシャンプーを買えばいいのか分からない!

こんにちは、美容師の萩原翔志也です。

 

シャンプー選びは、自分に合っているものが一番大事というのはよく聞きます。
しかし、何が自分に本当に合っているのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

また、人によってシャンプーに求める目的が違ったり、頭皮や髪の状態でも変わるので、これを使っていれば大丈夫、と言えるものがなかなかありません。
今回は、今のシャンプーから変えたいなと思ったときに気を付けたいことをご紹介します。

 

 

シャンプー選びで少し気を付けること

それは成分に「~硫酸」と書いてあるかどうかです。

例えば「ラウレス硫酸」「ラウリル硫酸」など。

これは界面活性剤の種類、つまり洗浄成分です。

硫酸系シャンプーの特徴
  • 洗浄力・脱脂力がとても高い
  • 頭皮への刺激が強い
  • かゆみ・ふけの原因につながる
  • 環境に悪い


コストの面では優秀なのですが、髪や頭皮には刺激か強すぎる上に、保湿効果がありません。

そのため、場合によっては、ふけ・かゆみ・背中ニキビ・薄毛など様々な原因になってしまいます。

 

 

シャンプーを選ぶときの基準は
質を求めるなら…

コストも、シャンプーを選ぶ時の大事なポイントですよね。

ですので、絶対に硫酸系シャンプーを使わない方が良いとまでは思いません。

ワックスを付ける方や沢山動く方は、洗浄力のあるシャンプーでないと汚れが落ちきれず頭皮に悪影響を及ぼします。

 

しかし、髪や頭皮・お肌を考えてシャンプーを選ぶ場合は、避けた方が良いでしょう。

 

迷ったら「成分」で判断する

いざシャンプーを探してみると、色々な所で評価が違い、何が本当に良いのか分からなかったりすると思います。

そういう時は、成分を見てみましょう。

 

もし、成分書いてなかったら、それは全く信用できません。
使用感や指通りに関しては、シリコンでいくらでも良くできます。

何が本当に良いとか悪いとかではなく、そういうものだと覚えておきましょう。

 

ボトルデザインや香りだけでなく成分にまで目を通す

つい、容器のデザインや宣伝文句に目がいきますが、ぜひ成分にも目を通してみて下さい。

使って納得のいくシャンプーを見つけるためにも、成分から見直していくのも良いと思います。

このコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

ヘアスタイル
LATTE BEAUTYに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ