お洋服が捨てられない!ぎっしりクローゼットの整理収納ワザ5選 (1/2)

執筆者: 堀内 紀子 職業:整理収納アドバイザー
衣類の整理と収納

こんにちは、整理収納アドバイザーの堀内紀子です。

今回は、衣類の整理についてお伝えします。

 

 

まずは、クローゼットの点検を
「着ていく服がない」「いつも同じ服ばかり着ている」

皆さんのクローゼットやタンスの中は、今どうなっていますか?
洋服が一杯入っているのに、着たい服がなく、毎朝服選びに時間がかかっていませんか。

 

それはつまり、クローゼットの中には「今着たい服」「今着られる服」が、入っていないということになります。

  • 「痩せたら着よう」と思って、保管してある
  • 今の自分には似合わないが、好きだから捨てられない
  • 今はスーツの出番はほとんどないのに、高かったから手放せない

 

このような服が、入っていませんか?

 

クローゼットは、倉庫ではない

残念ながらそれらの服は、今のあなたを魅力的に見せてくれる服ではありません。

今の自分を、より美しく引き立ててくれる服を収納しておくのが、クローゼットやタンスのはずです。

着ていない服を、手放す!

着ていない服や、傷みが有る服を、全て出してみましょう。


手放せないのには、何か理由が有るものです。

自分の気持ちを整理して、どうやって手放すのがベストかを考えます。

 

「売る・寄付・リメイク・捨てる」時のポイントと注意点を、まとめてみました。

 

売る
  • 着なくなった服は早く売る、時間が経つほど売れない
  • 儲けは考えず、楽しむ気持ちで出品する
  • 売れなかった場合、どうするかを決めておく

 

寄付
  • きれいな状態のモノを寄付する
  • 予めどんなモノが必要なのか、先方に確認する

 

リメイク
  • お気に入りは、とことん使う
  • 「そのうちに」は厳禁! 1ヶ月程度を目処に行動する

 

捨てる
  • 「売る・寄付・リメイク」は、いずれも時間と手間がかかる
  • 早くスッキリしたい、時間が無い場合は、思い切って処分しましょう

 

旬のクローゼットを維持するコツ
衣類の循環、「増えたら減らす」

一度クローゼットやタンスの中がスッキリしても、油断していると増えてしまうのが衣類です。

苦労して整理したモノが、元に戻らないためには「衣類を循環させること」です。

 

例えば、新しくコートを1着購入したら、古いコートを1着処分します。
ポイントは「同じアイテムのモノを循環させる」ことです。
これを守れば、服の量は一定に保たれます。

入れ物を増やさない

安易に衣装ケースや家具を増やさないように、注意しましょう。
今ある収納家具に入る範囲内で、おしゃれを楽しむ工夫も大切です。


また、春物のコートは2着までとか、スカートはハンガー○○本まで、など。
持ち方のルールを自分で決めて守る様にするのも、安易にモノを増やさないために有効な方法です。

 コラムニスト情報
堀内 紀子
性別:女性  |   現在地:千葉県  |   職業:整理収納アドバイザー

整理と収納の案内人 整理収納アドバイザーの堀内 紀子です。

首都圏を中心に、整理収納アドバイザー2級認定講座や整理収納と風水に関するセミナーを開催しております。また、自分に合った整理収納を実践したい,一人でやるのは不安.と言った声にお応えして、お客様のご自宅で実践を兼ねた個人レッスンも承っております。

モノを整理して生活環境を整える事が幸せにつながる道
「Road to Happiness.」です。
皆さんの「幸せにつながる道」応援します。

<取得資格>
整理収納アドバイザー1級
整理収納アドバイザー2級認定講師
風水アドバイザー
インテリアコーディネーター

Road to Happiness.~整理収納と風水~ 
URL:http://www.seiri.kirara.st/

Twitter:https://twitter.com/oneirpompe

 おすすめ新着コラム

     生活のコラム