ウィーン観光の休憩に♪ウィーンの"今"を感じられるおしゃれカフェ5選

執筆者: きくちまこ 職業:アロマセラピスト/アロマテラピーインストラクター/旅ブロガー/

音楽、芸術の都ウィーンで忘れてはいけない楽しみの一つがカフェ。

格式高い名門カフェに行ったのなら、今度はウィーンの”今”を感じるカフェへ行ってみませんか?

 

ドナウ川を眺めながら「Motto am Fluss」

 

ウィーンの街を流れるドナウ川沿いにある「Motto am Fluss」。

隣国へのクルーズ乗船場の上にあるユニークなカフェ。天気がよければドナウ川を眺められるオープン席へ。

 

人気のバジル入りレモネード。なぜピンク色なのかは企業秘密だとか。さっぱりとしていて飲みやすいのでコーヒーに飽きてしまったらぜひお試しを。人気なのはクラブサンドイッチやサラダ。カジュアルランチにもおすすめです。

 

 

筆者が選んだのはザクロの実を散らしたパンケーキ。

柔らかいパンケーキにザクロの酸味とメイプルシロップの甘さが絶妙でした。

 

 

Motto am Fluss
住所:Schwedenplatz 2, 1010 Vienna

営業時間:8:00~翌2:00

 

公園内にある緑豊かなカフェ「Meierei im Stadtpark」

 

「Milch Bar/ミルヒ・バー」と呼ばれ親しまれているカフェは市民憩いの場であるシュタッド公園内にあります。市内で最も知名度の高い高級レストラン「Steirereck/シュタイヤーレック」の乳製品部門として併設されたこちらのカフェは暖かくなるとドアを解放し開放的な空間に。

 

"Milch"とはミルクの事。やはり試して頂きたいのは豊富な乳製品の数々。

普通の牛乳から乳清、ヨーグルトドリンク、豆乳、ココナッツミルクなど。おススメは写真のストロベリーヨーグルト。いちごの甘酸っぱさが爽やかで滑らかな舌触りです。

 

 

13時及び14時にそれぞれリンゴ、クリームチーズのシュトゥルーデルが焼きあがります。

オーストリアの伝統的なお菓子を堪能できるチャンス。焼き立ては抜群の美味しさなので時間が合えばぜひ。

 

Meierei im Stadtpark
住所:Am Heumarkt 2A, A-1030 Wien
営業時間:月~金8:00~23:00、土日9:00~19:00
※朝食メニューは12時まで利用できます。

 

王宮内の温室カフェ「Palmenhaus Café」

 

王宮庭園/Burggartenの中にある温室をカフェ・レストランに改築。

ドイツ語で新芸術を意味するユーゲントシュティール様式の外観はそのままに、室内は天井高く熱帯植物が生い茂るスタイリッシュな内装。

 

エキゾチックな演出の夜の雰囲気も素敵ですが、陽光あふれる朝に行くのもおすすめです。

何かと慌ただしい旅行中、1日の始まりを優雅に過ごす事で気持ちも穏やかに。

 


筆者は子供達を学校へ送り出した後、クロワッサンとカプチーノで一人朝食を取ることも。
天気が良ければこんな景色をテラスから見渡せます。

 

Palmenhaus Cafe Brasserie Bar

住所:Burggarten 1, 1010 Wien
営業時間:月~木10:00~24:00、金土10:00~翌01:00 日祝日10:00~23:00

 

ちょっと気取って、大人なスタイリッシュカフェ「Fabios」

 

ここは知る人ぞ知るウィーンきっての“ホットスポット”。

異性から見られている、そんな艶っぽい緊張感も旅の思い出になりそう。ここではテーブル席ではなくバーカウンターに座ってみましょう。背もたれがない上に前方、横の全面鏡に全身が映し出されるので本当に背筋が伸びます。

 

可愛く並べられたケーキはどれも甘さが絶妙です。こちらのカフェバーは夕食後のひとときにいかがでしょうか?

 

 

Fabios
住所:Tuchlauben 4-6, 1010, Wien
TEL:01 532 22 22
営業時間:月~土9:00~翌01:00 ※日曜日、12/24-28、31はお休み

 

ウィーンにいながらフランスの香り漂う「Café Français」

 

歴史を紐解くとハプスブルク家とフランス王室の繋がりは深く、ウィーンにも沢山のフレンチカフェがあります。その中でも雰囲気、スタッフ、お客ともにオシャレ度が高いのがここ「Café Français」。

 

朝食メニューのフレンチトーストは朝から幸せな気分にさせてくれます。

 

 

こちらも朝食メニューでは人気のヒヨコ豆のフムス付きのオムレツ。

オムレツの中には格子状に刻んだ野菜がぎっしりと詰まっているので食べ応えがあります。

 

 

スタッフが気さくなのも嬉しいところ。お店は常に混んでいるので要予約です!

 

 

Café Français
住所:Währinger Str. 6-8, 1090 Wien
営業時間:月~土9:00~24:00 ※日曜日祭日はお休み

 

おわりに

いかがでしたか?今回のカフェはどこもウィーンの中心シュテファン大聖堂から徒歩圏内です。ウィーンではカフェでも予約するのは当たり前。特に今回紹介したカフェは人気が高いので事前の予約をおすすめします。これからもウィーンの魅力をたくさんご紹介していきます。

 

 
 コラムニスト情報
きくちまこ
職業:アロマセラピスト/アロマテラピーインストラクター/旅ブロガー/

2014年より家族でオーストリア/ウィーン在住。ウィーン街をひたすら歩き回って日々素敵なカフェやお店を開拓しています。
10代の頃から旅が好きでパリ、スペイン、沖縄へ一人旅、アジアはバックパッカーとして各国旅してきました。
屋久島生まれの父と韓国で生まれ育った母を持ち、20代は自分の居場所探しをしていましたが今は【今いる場所が私の場所】なのだと確信。毎日がハッピーです。

ウィーンで知り合ったアーティスト達との出会いから高級レストラン【ユリウスマンイル】で日本、韓国料理のイベントをプロデュース。
世界で一番読まれている経済誌【Forbesオーストリア創刊号】に掲載されました。
ウィーンでもアロマテラピー講習会の依頼があり沢山のご縁に感謝する毎日です。

コラムでは、おしゃれで美味しいカフェや芸術の都ウィーンならではのアーティスティックな場所をご紹介。食材にこだわるオーストリア人のオーガニック事情、ヨーロッパ女性の美しさの秘訣などもお伝えしていきたいです。

◇ブログ:http://ameblo.jp/aromasky/

◇インスタグラム:aromacoaroma