オリーブオイルは熱してOK?オリーブ油を加熱調理する時のポイント

執筆者: 工藤亜由美 職業:オー・リーブ・ジャパン株式会社 代表取締役
加熱調理にもオリーブオイルがおすすめ!

こんにちは、オリーブオイルソムリエの工藤亜由美です。


皆さんは、オリーブオイルを加熱調理用に使っていますか?
使っていないという方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

 

「折角いいオイルを買ったんだから、火にかけるともったいない」とか「美味しくなくなってしまう」といったご意見をよく聞きます。

ですが、このオリーブオイルは、加熱調理に使った場合も、他の油を使うより身体に良いことが分かっています。

 

その3つの理由と、ちょっとしたクッキングアドバイスをご紹介します。

 

 

オリーブオイルを加熱用にお勧めする3つの理由
揚げ物が美味しく揚がる♪

オリーブオイルは、揚げ物の表面にとどまり、中までしみ込みにくいという特徴を持っています。

また、素材にすばやく熱を通すので、油っぽくならずに素材の持ち味も活かすことができます。

これは、余分な油質の摂取を防ぐことにも繋がります。

 

 

なお、油を火にかけてから煙が出始める温度を発煙点といいます。

実は、大抵の植物油の発煙点が220~230℃以上なのに対して、エキストラバージンオリーブオイルは、177℃から208℃です。

 

これは、オリーブオイルに限らないことですが、発煙点を超えることによって煙、焦げが発生し、料理を不味くさせますので、発煙点を越えて加熱しないようにご注意ください。

 

発煙点が一定

他の植物油は、一度加熱すると2回目から発煙点が上昇しますが、エキストラバージンオリーブオイルに限り、何度使っても発煙点は変わりません。

 

強い抗酸化力!

加熱した油が劣化すると発生する「アクロレイン」という物質があります。

 

ある実験で、同じ油を何回使い回したら、このアクロレインが発生するかを様々な油で試したところ、コーン油、サフラワー油、グレープシードオイル、大豆油などは、1回の使用で発生しました。

それにに対して、エキストラバージンオリーブオイルは、6回目でやっと発生したそうです。

 

さらに、酸化油特有のにおいの発生も、他の植物油では3回目~7回目で発生したのに対し、エキストラバージンオリーブオイルは、15回の使い回しに堪えたそうです。

 

オリーブオイルには、沢山のオレイン酸と抗酸化成分が含まれており、他の植物油と比べて、加熱した時にこそ、ずば抜けた安定性を発揮します。

酸化しやすい油で調理するのと、エキストラバージンオリーブオイルを使うのと、どちらが身体に良いかは、すぐにわかりますよね。

 

オリーブオイルを加熱に使う時のポイント

では、オリーブオイルを加熱に使う時の、ちょっとしたポイントもお伝えします。

 

エキストラバージンオリーブオイルを使う

「加熱用はピュアオリーブオイル」と使い分けている方もいらっしゃるかもしれませんが、ピュアオリーブオイルは、精製されたオリーブオイルがほとんどですので、いわゆる抗酸化成分はほとんど含まれていません。

良質なエキストラバージンオリーブオイルを使ってください。

 

 

オリーブオイルは、フライパンを熱する前に入れる

熱したフライパンにオリーブオイルを注ぐと、すぐにオイルが熱くなってしまいます。

 

火をつける前にフライパンにオリーブオイルを注いで、それからじっくり熱していくのが、エキストラバージンオリーブオイルの風味を残しながら調理するコツです。

 

おわりに

身体により良いものを求める人々から、ずっと支持されている「オリーブオイル」。

 

今回、加熱調理にもオリーブオイルがお勧めであることが、お分かりいただけたことと思います。

もっと、オリーブオイルを健康的に使いこなしてみてくださいね。

 
 コラムニスト情報
工藤亜由美
性別:女性  |   職業:オー・リーブ・ジャパン株式会社 代表取締役

スペイン産 オーガニック エキストラバージンオリーブオイルとクリーム蜂蜜の輸入販売と、自分のアトピー経験と化粧品メーカーでのスキンケア商品開発経験から、保湿とエイジングケアを同時に、しかも化粧水1本でできる澄(スミ)クリアローションを自社開発・販売しています。オリーブオイルソムリエと漢方上級スタイリストとして、からだと肌とこころの関係に着目し、食・美・健康・遊びをテーマに活動しています。
OLiveを、O(まるく・楽しく)Live(生きて行こう)が、社名の由来です。よろしくお願い致します。

 おすすめ新着コラム
     

     グルメ・レストランのコラム

     健康・医療のコラム

     趣味のコラム