梅雨時期の体調不良・憂うつの原因は?東洋医学で健康管理を考えてみよう

執筆者: 西野雅也 職業:鍼灸師/TLC(セラピストリーダーズカレッジ)理事
梅雨の不調を東洋医学で考える

こんにちは、鍼灸師の西野雅也です。

 

梅雨と言えば当然「雨」です。

雨天によって「湿気」が増えます。

すると、この湿気が身体に影響して、身体が重く感じたり、気分が乗らなくてやる気が出なくなったりします。


では、そのメカニズムを東洋医学的に見ていきましょう。

 

 

梅雨時期特有の湿気による、体調不良のメカニズム
東洋医学的湿気の考え方「内湿」と「外湿」

東洋医学では、湿気には「内湿(ないしつ)」と「外湿(がいしつ)」があると考えています。
内と外というのは、人間の身体を基本としています。

 

体内に蓄積された湿気が「内湿」、外界(自然界)の湿気が「外湿」です。

 

梅雨は、「外湿」が盛んな時期

梅雨というのは、外湿が盛んな時期であるということができます。


自然界のことは人間の力の及ぶところではありませんから、梅雨を避けることはできません。
どうしようもないことは、どうしようもないと諦めましょう。

 

梅雨の体調管理をする上でのポイントは「内湿」にあり!

ということは、梅雨の体調管理をする上でのポイントは「内湿」にあるということです。

内湿というのは、身体に蓄積された湿気であると先程書きました。
「余分な水分が、身体に溜まっている状態」と思ってください。


傾向としては、痩せている人より、太っている人の方が内湿が盛んなのですが、一概には言えません。

 

 

外湿が内湿にも作用して、不調が顕著に現れるのが「梅雨」

内湿が盛んであると、それだけでも身体が重く感じたり、だるさが酷かったりします。

それが、内湿が盛んなところにもってきて外湿が盛んになると、外湿が内湿にも作用して、湿気が非常に勢力を持つことになります。


これが、梅雨時期特有の湿気による、体調不良のメカニズムです。

湿気は「脾の臓」に影響する

東洋医学では、「湿気は脾の臓を弱らせる」と考えています。
また、脾の臓が弱ると、内湿を溜め込みやすくなる傾向にあります。


東洋医学の「脾の臓」というのは、消化・吸収に関わる内臓で、気血を生成する源と考えられています。
暴飲・暴食、特に油ものに偏った食事は、脾の臓を弱らせ、内湿を溜め込みます。

 

脾の臓が弱る → 内湿が蓄積される → 外湿の影響を受けやすくなる

 

雨天の多い梅雨時期に特に体調が優れない人の多くは、このような過程を辿っています。

 

脾の臓を鍛え、内湿を溜め込まない身体にするには?

外湿の影響は避けられないものとして、脾の臓を弱らせてしまうことが根本であるということをお伝えしました。
ということは、脾の臓を弱らせない、脾の臓を強くすることで、内湿を溜め込まない身体にしておくことがポイントであることが分かりますね。


では、どのようにして脾の臓を鍛えればいいのでしょうか。

 

食事に注意!

先に書いたように、暴飲・暴食、特に油ものは脾の臓に悪いので、食事には気を遣わなければいけません。
量はやや控えめにして、満腹まで食べず、油の使用が少ない和食を中心にするのが望ましいですね。

 

腕と脚を使った運動で、脾の機能UP!

そしてやはり運動です。

「脾は四肢(腕と脚)を主る」と言われ、四肢を使うことで、脾の機能を高めることができます。

 

脾の機能が高まると、内湿は溜め込みにくくなります。
しっかり腕を振り、脚を挙げてウォーキングしてみましょう。

 

おわりに

梅雨の時期は、憂鬱な気分になりがちで、仕事の効率も落ちやすい季節です。
だからこそ、ここでしっかり対策を取れば、周りに差をつけることができます。


このコラムでは、シンプルな方法しかご紹介していませんが、これで充分効果があります。
あとはやるかやらないかです。
一歩を踏み出してみましょう。

 
 コラムニスト情報
西野雅也
性別:男性  |   職業:鍼灸師/TLC(セラピストリーダーズカレッジ)理事

大阪府藤井寺市で東洋医学専門の鍼灸治療院 鍼灸 雅(みやび)の院長をしております。
東洋医学は「あるがままの人間」と向き合う医学。
「人対人」をモットーに、臨床家の道を歩んでおります。

◎東洋医学に関するブログも毎日更新しております!
ブログ、ホームページは「鍼灸雅」で検索下さい。

 

 健康・医療のコラム