簡単キッチン野菜栽培!メイソンジャーで作る自家製もやしの育て方

執筆者: 水谷俊江 職業:管理栄養士 ダイエットコーディネーター
メイソンジャーで家庭菜園!

おしゃれなアイテムとして注目の的のメイソンジャー。
ジャードリンクにジャーサラダ。

ジャーに入れるだけで非日常的なシーンが演出できます。


そんなスタイリッシュなジャーですが、なんともやしの栽培にもピッタリなのです。

育て方の手順
もやしの種を、一昼夜水に浸ける。

今回は市販のブラックマペを使用しましたが、調理用の大豆、小豆、緑豆、レンズ豆、ひよこ豆でもOKです。

 

ジャーの口はガーゼ或は水切りネットでふたをして、水をきる。

 

暗いところに置く

箱の中(ふたは少し開けて)または黒い布をかけて、光が当たらないようにします。

光が当たると緑色になって固くなってしまいます。

 

1日2~3回、ガーゼのふたの上から水道水を入れてふり洗いをする。

 


なんと水に浸けてから3日後には出来上がりです。
すぐに収穫できるところも嬉しいですね。

 


ザルにあけて水道水で洗うと、黒い種の部分も綺麗に取れます。

 

自家製もやしの楽しみ方

レンジでチンまたは軽くゆでて、塩コショウだけで素材を楽しんでみてください。
収穫したてのもやしですから豆のみずみずしさや食感が味わえて、自家製の醍醐味を楽しめます。

 

 

自家製もやしで健康・美容に栄養を

豆は炭水化物が主成分です。

しかし発芽する時に、豆の中の炭水化物のエネルギーを使い、ビタミンB群・ビタミンC・たんぱく質・食物繊維を作り出します。
だからもやしは低エネルギーで、健康にうれしい成分が豊富なヘルシー食材。

もやしは95%が水分ですが、残りの5%に身体に良い成分が凝縮されています。

 

特にアスパラギン酸がすごい!

アスパラギン酸は名前の通り、アスパラガスに多く含まれます。

発芽したての緑豆やブラックマペのもやしには、アスパラガス以上にアスパラガスに多く含まれ、大豆モヤシはなんとアスパラガスの二倍以上のアスパラギン酸が含まれています。

 

疲労回復・保水効果

スポーツドリンクにも配合されているアスパラギン酸は、疲労回復を早め、パフォーマンスを上げます。
またお肌の角質の水分を保持する働きが有ることから、保水効果も期待できます。

 

おわりに

インテリア代わりにもなる自家製ジャーもやし。

収穫したてのもやしが作る発芽パワーで、元気をチャージしていきましょう。

 
 コラムニスト情報
水谷俊江
性別:女性  |   職業:管理栄養士 ダイエットコーディネーター

2014年夏 ブラジルサンパウロから帰国しました。
サンバも踊る管理栄養士

 

 グルメ・レストランのコラム

 生活のコラム

 趣味のコラム