PCのネットワークトラブルを回避!IPアドレス・DHCP・DNSの基礎知識 (1/3)

執筆者: 矢野勇雄 職業:パソコンサポーター
ネットトラブルを解決するために、知っておきたい基礎知識

こんにちは、パソコンサポーターの矢野勇雄です。


現在、家庭で利用されているパソコンは、インターネットに接続されていることが前提となっています。
このために、一般のユーザーもネットワークのトラブルに合うことが増えています。

 

 

このような状況に対応するため、ある程度、通信に関連するネットの基礎知識が必要になっています。
なかでもIPアドレス、DHCP、DNSの仕組みを知っておくことが重要です。

 

IPアドレスの基礎知識
  • IPアドレスとは?

世界中のネットワーク機器に重複しないよう、割り振られている番号


ここでいうネットワーク機器は、ブロードバンドルータ、無線LANルータ、ホームゲートウエイ、ネットワークプリンタ、パソコン、スマホ、ケータイなどです。

IPアドレスは「192.168.0.1」といったように、0~255の数字を4つ、「.(ドット)」で区切って並べて表記します。

 

IPアドレスは、3種類からなる
  • プライベートアドレス
  • グローバルアドレス
  • リンクローカルアドレス

 

では、それぞれについてご説明します。

 

プライベートアドレス

家庭内LANなど、インターネットに直結しない閉じたネットワークにて、特定範囲のIPアドレスを自由に使えます。

このアドレスは、インターネットへの接続に使えません。

 

グローバルアドレス

世界中のインターネットで利用され、国際的な管理団体が管理しているアドレスです。

個人のユーザは、プロバイダから割り当ててもらう必要があります。

 

リンクローカルアドレス

何らかの理由でパソコンにIPアドレスが適用されなかった場合に、パソコン自身が自動的に割り当てるアドレスです。

このアドレスも、インターネットへの接続に使えません。

 

IPアドレスの、番号の割り当て

具体的には、以下のような番号が割り当てられています。

 

  • プライベートアドレス

10.0.0.0~10.255.255.255(約1600万)
172.16.0.0~172.31.255.255(約102万4000)
192.168.0.0~192.168.255.255(約6万5000)

  • リンクローカルアドレス

169.254.0.0~169.254.255.255

  • グローバルアドレス

上記以外

 

 

インターネットに繋げるには?
プライベートアドレスが付いたパソコンは、そのままではインターネットにアクセス出来ない!

パソコンの先にある「ブロードバンドルーター」や「ホームゲートウエイ」が、インターネットへの中継役を行います。


ブロードバンドルーターなどには、インターネットプロバイダから割り当てられた「グローバルアドレス」が設定されており、「プライベートアドレス」を「グローバルアドレス」に変換します。

 

パソコンはまず、ブロードバンドルーター、ホームゲートウエイなどに接続できないと、インターネットに繋がりません。

 

続いて、DHCPの基礎知識についてご説明します。

 
 コラムニスト情報
矢野勇雄
性別:男性  |   職業:パソコンサポーター

福岡市とその近郊でパソコンの出張サポートをやっています。パソコンを使っていて困った際のサポートを行っています。具体的にはパソコンの初期設定、インターネットへの接続、ウイルスなど迷惑ソフトの削除、旧パソコンから新規パソコンへの各種設定・データの引っ越しなどをやっています。

 おすすめ新着コラム
     

     インターネットのコラム