PCのネットワークトラブルを回避!IPアドレス・DHCP・DNSの基礎知識 (3/3)

執筆者: 矢野勇雄 職業:パソコンサポーター
DNSの基礎知識

ホームページにアクセスするときには、ブラウザのアドレスバーにホームページのアドレスを指定する必要があります。


例えば「http://latte.la/column/」などと指定するわけですが、既にご説明しているように、インターネットでほかのサイトを指定するには、IPアドレスという数字が必要です。

 

人間にわかりやすい文字列を、IPアドレスのような数字に変換する役目を担っているのがDNSです。

 

ブラウザは、アドレスバーに入力された文字列をIPアドレスに変換するために、DNSサーバーに問合せを行います。

もし、DNSが機能しなければインターネットに接続できなくなります。
ホームページも見られませんし、メールも使えません。

ネットワークトラブルの原因解明に必要なツール

ひとつご紹介します。
それは「ipconfig」コマンドです。

 

「ファイル名を指定して実行」にcmdと入力して「OK」をクリックして、コマンドプロンプトを開く


コマンドとして「ipconfig」を使います。

パソコンやブロードバンドルータのIPアドレス、さらに「IPアドレスがきちんと割り当てられているか」などを確認するのに欠かせません。

 

例えばゲートウエイアドレスは、ブロードバンドルータや無線LANルータのIPアドレスを示しています。

ルータに直接アクセスする必要が生じた際には、このIPアドレスを利用しましょう。

 コラムニスト情報
矢野勇雄
性別:男性  |   職業:パソコンサポーター

福岡市とその近郊でパソコンの出張サポートをやっています。パソコンを使っていて困った際のサポートを行っています。具体的にはパソコンの初期設定、インターネットへの接続、ウイルスなど迷惑ソフトの削除、旧パソコンから新規パソコンへの各種設定・データの引っ越しなどをやっています。

 おすすめ新着コラム

     インターネットのコラム