片思い⇒両思いの確率UP♡意中の人を振り向かせる3つの「ing」効果と活用方法

執筆者: colonna
はじめに

「好きな人と付き合いたい」

「気になる人との距離を縮めたい」

男女問わず人は恋をし、その恋を成就させようと、一生懸命になります。

しかし、なかなか恋ができない人もいれば、恋人が途切れたことがなく、常に上手く恋愛している人が存在します。

ここでは、恋愛がうまくいく3つの「ing」をご紹介します。

タイミング-Timing-

気になる異性に恋人がいる場合、今付き合っている人と別れさせる略奪愛は、なかなか難しいですし、勇気がいりますよね。

 

それでは、どのようなタイミングが良いのでしょうか。

一番恋が実る可能性が高いのは、ずばり「別れた後」です。

 

寂しい心を支えてあげると…

別れた後、誰しも寂しさや後悔が残ります。

中には、充電したいからしばらく恋人はいらないという人もいるかもしれませんが、人間弱っている時は、誰かに寄りかかりたい、誰かに必要とされたいと思うものです。

 

恋人がいる人を好きになった場合、辛抱強く相談などに乗っていると、チャンスが訪れるかもしれません。

きっかけは「寂しいから」であっても、そこから真の恋愛に突入できるかはあなた次第です。

フィーリング-Feeling-

フィーリングが合うと言うと、一般的には「相性が良い」とか「一緒にいて楽しい」ことと言われます。
しかし、フィーリングは自分の努力で合わせることができるのです。

 

相手の趣味に合わせる

好きな人の趣味の中で、最も興味のあるものを1つ選び、あなたも好きになってみましょう。


共感する=自分の味方である、と相手は思います。
味方を簡単には裏切れないと思うのが人間なので、その後は、自分の趣味を共有したり、とにかくその人と一緒にいる時間を多くすると効果的です。

 

オウム返しも効果あり

ここでは、相手の言ったことを復唱する「オウム返し」も効果的です。

 

 

ハプニング-Happening-

恋が上手くいく時に、最も重要なのはこのハプニングかもしれません。

 

運命的な出会いだった、という恋愛話を聞いたことはありませんか?

付き合う時に何かアクシデントがあると、それがお互いの印象に残って距離が縮まります。

 

そして、あのことがきっかけで付き合ったという思い出になるのです。

 

ハプニングは演出できる!

例えば、気になる異性と一緒にボーリングに行った際に「ストライクを取ったら付き合ってほしい」と、茶目っ気を籠めて言ってみる。

 

電話をしている時に「気になる人のことを話したい。今日は今までの人生で一番長電話になるかも。」と、少し謎めいたことを言ってみる。

 

こういったように、相手の印象に残る何かができれば、運命的な印象を与えることが可能です。

 

おわりに

恋愛は、少しの工夫と努力で大きく結果が変わってきます。

気になる異性にアタックをする前に、この3つのingを実行してみて下さい。

 

両想いになる可能性が高くなるかもしれません。

 
 

 生活のコラム