東洋医学から考える夏バテの原因&予防法。夏の体調不良に効果的な漢方薬6選

執筆者: 田伏 将樹 職業:薬剤師(漢方薬・生薬認定薬剤師)
はじめに

こんにちは、薬剤師の田伏将樹です。

カゼは「風邪」と書きますが、東洋医学で風邪と書けば「ふうじゃ」と読みます。
ウイルス感染症などもそうですが、目に見えない何かが風によって運ばれて、体に侵入して起こる病気は「風」が原因ということで「風邪」(ふうじゃ)といいます。


春に影響を受けやすい風の邪気です。

 

夏の時期の病気のもと「暑邪」とは

同様に、夏の強い暑さによって引き起こされる病気の原因は「暑邪(しょじゃ)」といいます。

 

暑邪は、主に夏限定で病気を引き起こします。
暑邪が原因の症状は「暑気あたり」とも言われます。

 

暑気あたりや夏バテの原因&予防方法
体液の損傷を伴う「暑邪」。脱水症状に注意!

暑邪は、ただ熱いだけではなくて、体液の損傷を伴うという特徴があります。


暑邪が猛烈に激しいとき、熱射病・熱中症となり、体調は急変しやすく、時には命に関わります。
脱水症状には、気をつけなければいけません。

 

冷たいものの過食は、胃を冷やすのでNG!

もうひとつ夏に気をつけることは、冷たいものの過食です。
冷たいものを過食すると、胃が冷やされます。

 

 

胃の冷えは、食欲不振や倦怠感、下痢、腹痛の原因に

胃が冷えると、消化器全体が冷えて、胃腸の機能が低下します。
そうすると食べ物から栄養や水分を吸収できなくなり、食欲不振や倦怠感、または下痢・腹痛を起こします。


こういうことも、暑気あたりの原因としてみられます。

 

暑気あたりや夏バテ予防に有効な生活習慣

ですので、暑邪から身を守るためには、「体から水分が失われないようにすること」と、食べ物からしっかり栄養と水分を吸収できるように「胃腸を弱らせないようにしておくこと」が大事です。

 

夏の体調管理に役立つ漢方薬

夏に役立つ漢方薬を一部ご紹介します。

「補中益気湯」(ほちゅうえっきとう)

夏の暑さに弱い方の、食欲不振と疲労倦怠感に対して使えます。

元気や気力がない状態を改善します。

「生脈散」(しょうみゃくさん)

麦門冬・五味子・人参の3種類の生薬からなる処方です。

潤いを増やしたり、水分が余計に外に出ていかないようにしたりする働きがあります。

体液の消耗を防ぐために使えます。

 

生脈とは、夏の体液消耗時に、弱った脈を生じる(復活させる)という意味合いです。

「清暑益気湯」(せいしょえっきとう)

夏バテ対策の漢方薬として有名です。

 

上記の「生脈散」の3種の生薬や、さらに胃腸の働きを高める生薬も含まれています。

「生脈散」と「補中益気湯」を合わせた感じの効果が期待できます。

 

暑さに負けないように、消化器の働きを助けることで、気血水を充実させます。

「五苓散」(ごれいさん)

水分の循環を良くする漢方薬です。

熱中症の初期で、口が渇き、尿量が少ない、吐き気などがあるときに使います。

熱中症対策に水分を摂り過ぎてだるくなったときにも使えます。

 

「五苓散」には、体を温める働きのある「ケイヒ」が含まれるため、暑気あたりには「五苓散」から「ケイヒ」一つを除いた「四苓湯」でもいいです。

「白虎加人参湯」(びゃっこかにんじんとう)

熱を冷ましてくれる生薬と潤すはたらきのある生薬を含みます。

大量の発汗があって、ほてり、体表に熱感があり、口が渇くようなときに使います。

 

「芍薬甘草湯」(しゃくやくかんぞうとう)

もし汗をかいた時にこむら返りが起こった場合は、「芍薬甘草湯」が効きます。

症状が起こった時に使える、即効性のある漢方薬です。

運動をして汗をかくと、よく足がつるような人は、携帯しておくと良いかもしれません。

 

おわりに

もともと胃腸が弱い人は夏バテしやすいのですが、漢方薬で暑気あたりを予防するという方法もあります。
専門家にご相談のうえ、胃腸の働きを改善させる漢方薬などをお試しください。

 
 

 健康・医療のコラム