ヨーグルトは毎日どれくらいの量を食べるべき?カロリーは?「菌活」の嬉しい健康&美容効能

毎日続ける菌活食品、ヨーグルト!腸内環境を整えて健康・美肌効果をキープしよう!

執筆者: 水谷俊江 職業:管理栄養士 ダイエットコーディネーター
菌活、はじめてみませんか?

こんにちは、管理栄養士・ダイエットコーディネーターの水谷俊江です。

プロバイオティクス(Probiotics)という言葉が広く知れ渡るようになりました。
抗生物質(Antibiotics)との対比語です。


抗生物質は、有害な菌がある場合は、全ての菌を根こそぎやっつけてしまうという意味。
一方、プロバイオティクスは、カラダに役立つ菌を利用して健康を増進するという意味です。

 

プロバイオティクスの働きをする食べ物は?

プロバイオティクスの働きをする食品はぬか漬けや、納豆そしてヨーグルト。
美容と健康のために菌を利用する「菌活」を、意識して始めてみませんか?

 

 

毎日続ける菌活食品「ヨーグルト」

菌活のなかでも、毎日定期的に食べやすいものがヨーグルトです。

ヨーグルトは腸の環境を整え、便秘の改善や予防する働きがあります。


菌活を充実させるための、ヨーグルトを食べる時のポイントは以下の通りです。

 

どれくらい食べたらいいの?

1日に食べるヨーグルトの目安量は100g~です。
ヨーグルトのカップに1日の目安量が書いてあるものもありますので、参考にしてみましょう。

 

ヨーグルト100gに含まれる乳酸菌

市販のヨーグルト100gにどのくらいの乳酸菌が入っているかご存知ですか?

 

市販のヨーグルトは100gでだいたい10億個の乳酸菌が入っているそうです。
ヒトの腸の中の細菌は100兆個~250兆個です。


腸内環境を整えて、善玉菌を増やしていきましょう。

 

気になるカロリー

同じ菌が入っているものでも、フルーツが入っていたり、低糖や脂肪ゼロというものがあります。
脂肪ゼロはプレーンタイプに比べ、どちらのメーカーも100g当たり20~30kcal低くなっています。


他の成分は変わらないので、脂肪分を気になる方、たくさん召し上がる方は脂肪ゼロのヨーグルトもいいですね。

ただし、脂肪ゼロにするために添加物も入りますので、無添加を望む方はプレーンタイプをおすすめします。

 

 

腸と脳は密接に関係している!

「脳腸相関」といって、腸と脳とは密接な関係があります。


腸の調子が良い時には気分もスッキリ。

ストレスフルな毎日が続いている時はお通じも気持ちよくなかったりと、実感されることも多いのではないでしょうか。
気持ちの良い毎日を送るためにも「菌活」は大切ですね。

 

おわりに

ヒトに個性があるように腸の中の個性も色々。

乳酸菌との相性もそれぞれです。


乳酸菌の種類を意識して、まず2週間毎日続けて同じ菌のヨーグルトを食べて様子を見てください。

相性の良い乳酸菌を見つけて、充実した菌活を送りましょう。

 
 コラムニスト情報
水谷俊江
性別:女性  |   職業:管理栄養士 ダイエットコーディネーター

2014年夏 ブラジルサンパウロから帰国しました。
サンバも踊る管理栄養士

 おすすめ新着コラム
     

     グルメ・レストランのコラム

     健康・医療のコラム

     美容のコラム