ドラッグストアなどでは沢山のシャンプーがありますが、どれが髪の痛みに効果的なのでしょうか?洗浄成分から選ぶシャンプーアイテム。

はじめに

こんにちは、美容師の萩原翔志也です。

 

シャンプーの良し悪しを決める洗浄成分、石油系の成分は止めておいた方が良いというのは、皆さんよくお聞きになると思います。

 

今回は、よく見かけるシャンプーの3つの成分についてまとめてみました。

ドラッグストアや美容室に置かれている物に、よく使われている洗浄成分です。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

石鹸系の洗浄成分

石鹸を主成分とする、洗浄成分です。

 

洗浄力が高く、環境に優しいのが特徴

環境には優しく、皮脂もしっかり取ります。

しかし、石鹸がアルカリ性であることと、特性上きしみ感が出やすいです。

お肌が敏感な方には強すぎる事もあるかもしれませんが、さっぱり洗いたい方にはお勧めです。

脂肪酸Na・脂肪酸K・石けん素地などと表記されています。

 

ベタイン系の洗浄成分

天然由来成分を主成分としており、とても低刺激で保湿効果も高い洗浄成分です。

 

ただ、洗浄力が弱いので、髪の毛の汚れをしっかり落としたい人には不向きです。
逆に頭皮の弱い人・敏感肌の人にはお勧め出来る成分です。

 

ベビーシャンプーにも使われています。

ラウラミドプロピルベタインや、コカミドプロピルベタインなど~ベタインと表記されています。

 

アミノ酸系の洗浄成分

天然成分由来の、弱酸性成分を主成分とする洗浄成分です。
洗浄力は少し低めですが、髪と同じ成分なので低刺激で保湿力が高いことが特徴です。

肌にも髪にも優しく、髪の内部までアミノ酸が整えてくれます。
美容室に置かれているシャンプーには、これがとても多いのも特徴です。

 

グリシン・メチルアラニン・グルタミン酸・メチルタウリン・サルコシンなどと表記されています。

 

おわりに

シャンプーの理想はやはり、頭皮にも髪にも優しい洗浄成分です。

しかし、いい物は高いのです。

 

シャンプーに求めるものは人それぞれであり、石油系もコストの面ではとても優秀です。

それも1つだと思います。

皆様が自分に必要なものを知って、色々な条件を踏まえて自分に本当にあっている物、納得いく物を見つけられる様に、また色々と紹介していきたいと思います。

このコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

ヘアスタイル
LATTE BEAUTYに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ