パワーストーンを麻紐で。手作りヘンプアクセ「天然石ストラップ」の作り方 (1/2)

執筆者: Rabiya 職業:マクラメ作家
麻ひもで天然石を包むストラップの作り方

こんにちは、天然石を使ったヘンプアクセサリーを作っているRabiyaです。

これまでは穴のあいている石やパーツを使ったヘンプアクセサリーの作り方をご紹介してきましたが、今回は穴のあいていない石を包むストラップ(キーホルダー)の作り方をご紹介します。


 

まずは、玉留めをマスター

結びの仕上げなどによく用いられる玉留めは、3本以上のひもがあれば結ぶことができ、またほどけにくい便利な結び方でもあります。


まずは玉留めをマスターしましょう。

 

玉留めの作り方

1. 生成りを芯ひもとし、緑、グレー、赤、黒を結びひもとします。

 

 

2. 緑のひもを起点に時計回りに隣のひもに順に乗せていきます。

 


3. 今度は、黒を起点に時計回りに隣の輪(ここではグレー)の下に通して、中央に出します。
緑のひもは赤の輪の下に、グレーのひもは黒の輪の下に、赤の紐は緑の輪の下にそれぞれひもを通して中央に出します。

 


4. それぞれのひもを形を整えながら均等に引き締めれば、玉留めのできあがりです。

 

中央から出したひもを引っ張るときは、ゆっくりと順番に引き締めていくことが、綺麗な形の玉留めを作るコツです。

 

 

用意するもの
  • 穴のあいていない石(ここでは水晶を使用)×1個
  • ヘンプひも 70cm×6本
  • 飾り用のビーズなどお好みで
  • ストラップの金具

 

 

実際に使用するひもの太さでビーズ穴の大きさは調整しましょう。

また、ストラップの金具には、お好みの金具を使ってください。

ヘンプで結ぶ「ストラップ」の作り方
1. 2本取りで三つ編みを結びます

6本のひもを半分に折った中心の5cmほど手前から、2本取りで三つ編みを結びます。

 

 

三つ編みの結び方については、過去のコラムをご参照ください。

 

2. ストラップ金具に通します

適当な長さの三つ編みを結んだらストラップ金具に通し、三つ編み部分を均等な長さの所でひも1本を使ってひと結びします。

 

 

3. ひもを3本取りにして玉留めを結びます

玉留めのひもを引き締める時は、ゆっくりと慎重にしてくださいね。

 

 
 コラムニスト情報
Rabiya
性別:女性  |   現在地:東京都  |   職業:マクラメ作家

天然石を使ってヘンプアクセサリーを10年ほど作っています。

下記ブログにてこれまでの作品紹介やてづくり市などの出店情報をupしています。
ぜひ遊びに来てください。

Shop Gramali Rabiya (SGR)
http://sgr2006.exblog.jp/

アクセサリー販売サイト、HPもご覧下さい。

Rabiya's Bazaar & Collection(販売サイト)
http://sgr-rabiya.blogspot.jp/

Rabiya's Handmade Bazaar & Collection(HP)
http://halfqalandar.wix.com/rabiya

 

 趣味のコラム