鼻、頬、首筋…唇以外の場所にキスする心理って?部位別Kissが表わす意味13選

執筆者: colonna
キス…いつも唇だけじゃマンネリ化しちゃう!

愛情を伝えるキス。

 

唇へのキスは嬉しいものですが、頬やおでこ、耳など、唇以外にもキスをする意味はあります。

キスをする場所で、無意識に心理状態が分かってしまうとも。

 

劇作家フランツ・グリルパルツァーの「接吻」から、その意味を追っていきましょう。

 

 

愛を伝えたい。唇へのキス

恋人同士であれば一番ポピュラーなのが、唇へのキス。

結婚式の誓いでも行われるように、純粋で心からの愛情を伝えたいという意味合いを持っています。

 

浮気相手や遊び相手とキスをしないという心理は、ここから無意識に来ているのかもしれませんね。

 

憧れを思い出す。まぶたへのキス

瞳を閉じたとき、まぶたに落とされるキスは「憧憬」を表わします。

 

憧れている女性、尊敬している人などへ行われるようです。

 

家族同士でも。頬へのキス

欧米のドラマなどでよく見るチークキス。

頬へのキスは「親愛」を表わします。

 

家族のような親近感を持っている相手に行われ、「いつも傍にいるのが当たり前」「気を許している」ということを伝える時に最適です。

 

 

独占欲の現れ?耳へのキス

相手を「自分だけのものにしたい」という「独占欲」を表わします。

 

長い髪をかきあげ、耳に掛ける素振りにドキドキする男性も多いようですので、彼の前で試しに耳へのキスを促してみては。

 

 

大切にしたい。鼻先へのキス

ペットや赤ちゃんにも行うことも多い、鼻先へのキス。

「愛玩・愛情・大切にしたい」という意味を持ちます。

 

セクシャルなものではなく、とにかく可愛い、大切にしたい、可愛がりたいという思いを籠めたキスのようです。

 

友情の証にも!額へのキス

おでこへのキスは、家族や友人にも行われる「親愛」の意味を持ちます。

 

どちらかといえば小さな子どもや年下を可愛がる意味合いが強く、「可愛い」と感じた時に、親愛を示すためにキスを贈るようです。

 

王子様みたい!手の甲へのキス

映画などでたまに見る、手の甲へのキス。

目上の相手や身分の高い人へ贈るもので、「尊敬」の意味を持ちます。

 

求愛されてる!?手のひらへのキス

手の甲にセクシャルな意味合いはありませんが、手のひらになると、「求愛」の意味合いを持ちます。

 

片思いの相手から手のひらへキスをされた場合、本気の愛を求められていると考えてよいでしょう。

 

支配したい気持ちを。首筋へのキス

かなりセクシーな気分のとき「誘惑」の意味をこめて、首筋へのキスを行います。

 

他の人に盗られたくないという執着心を持つ時も、首筋にキスの跡を残したりなどするようです。

 

間接的だからこそ萌える!髪の毛へのキス

肌に触れない髪の毛へのキスは、なんだかロマンチックでいつもよりドキドキしてしまいますね。

 

髪へのキスは「思慕」を意味し、あなたの幸せを心から願い、慕っているということになります。

恋人だけではなく、家族へのキスとしても。

 

服従の証に。足先へのキス

なんだか女王様へのキスのようですが、足先へのキスは「崇拝」を意味します。

 

迷わず足先へキスをしてくれるなら、相手はかなりあなたを尊いものと崇拝し、恋い慕っているようです。

 

確かめるのが怖い?背中へのキス

正面からキスをしない、背中へのキスは「確認」を意味します。

 

何かを考えている最中や、あなたに何らかの確認をしたい時に、無意識に行うのかもしれません。

 

自分でも確かめにくい、ふとももへのキス

衣服に隠れることの多い箇所、ふとももへのキスは「支配」を意味します。

 

特に内太股へのキスは強い束縛や隠れた支配欲を表わすので、そこにキスをされた場合、相手の独占欲は割と高めとかもしれません。

 

 

キスをされた場所から、相手の深層心理が分かるかもしれません

キスをする箇所で、相手の無意識の思いを汲み取ってみると、もしかすると関係性が発展するかもしれませんね。