メキシコ・中米地域の旅行時、知っておきたいマネー事情(通貨・両替・クレジットカード... - Latte

  メキシコ・中米地域の旅行時、知っておきたいマネー事情(通貨・両替・クレジットカード)

執筆者: りーな りーな 職業:グアテマラガイド・旅人
メキシコ・中米旅行のお金の持ち方

メキシコ、そしてグアテマラパナマ等の7か国がある中米地域は、近年日本からの旅行者が増えています。

 

日本から遠い地域ゆえ、せっかく来たなら多くの国に行きたいと考える人が多いですが、国毎に異なる通貨が流通しており、旅行者にとっては少し面倒な地域と言えます。

 

今回は、メキシコと中米のマネー事情(通貨・両替・クレジットカード)をご紹介します。

 

 

各国の通貨

     

    エルサルバドルとパナマは、米ドルが使える

    エルサルバドルは、完全にドル化しており、米ドルがそのまま利用できます。

    また、パナマも、通貨名を「バルボア」と言うものの、実際は米ドル紙幣が流通しています。

     

    日本からは米ドルを持参しよう
    現地では、日本円から現地通貨への両替はできない

    メキシコシティでは、日本円からのペソへの両替が可能ですが、地方に行くと米ドルでしか両替ができなくなります。

    中米の国では、日本円から現地通貨への両替はできないので、米ドルを持参する必要があります。

     

     

    日本かアメリカで両替を!

    日本か、もしくは乗り換えのアメリカで両替しておきましょう。

     

    ATMは有るが、治安が悪い地域では引き出しに注意が必要 

    現地到着後に、日本のクレジットカード等を利用してATMで引き出すことも可能ですが、治安が悪い地域でATMを利用するのは、あまりお勧めできません。

     

    少しでも現金を持参することを推奨します。

    米ドルが利用できる場所もある
    米ドルで支払い可能な場所も

    観光地でのホテルやツアーなどは、米ドル建てで料金設定がされており、米ドルで支払い可能な場所もあります。

     

     

    破れたり、汚れたりした紙幣に注意

    しかし、米ドル紙幣が破れていたり、汚れていたりすると、支払いを拒否されることもあります。

     

    1米ドル「コイン」ではなく、1米ドル「紙幣」を用意すること

    加えて、1米ドルコインは受け付けてもらえない場合が多く、1米ドル紙幣を用意する必要があります。

     

    おつりは、現地通貨で戻ってくることが多い

    また、米ドルで支払っても、お釣りは現地通貨という場合も多いです。

     

    基本、現地通貨で払った方が割安

    メキシコのリゾート、カンクンコスメル島ではアメリカ人観光客が多く、米ドルがかなり流通していますが、大まかなレートでドル建てにしてあり、ペソで支払った方が安い場合が多いです。

    クレジットカードは使える
    大型ホテルやスーパーマーケットでは、クレジットカード利用OK!

    大型ホテルやスーパーマーケットなどではクレジットカードが利用できるので、VISAやMasterのカードを持参すればよいでしょう。

     

    JCBカードの普及率は低いので注意

    JCBカードは、まだ使えない地域が多いです。

     

    値段交渉するようなお土産屋さんは、もちろん現金Only

    また、値切って買うお土産屋さんなどでは、現金しか使えません。

     



    おわりに

    日本ではコンビニで24時間お金が引き出せますが、海外では銀行の時間やATMの有無など、日本とは異なる環境になります。

     

    旅先でお金がなくて困らないように、しっかり準備していきましょう。

     
     
    LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ