良い睡眠をとれば、必ずキレイに!

こんにちは、美肌アドバイザーのMaikoです。

最近、「睡眠美容」という言葉を耳にすることがとても増えました。
お肌と睡眠の関係が重要視されており、スキンケア製品でも、睡眠タイムに注目したアイテムが目立つようになっています。

 

 

1日の疲れをリセットする大切な時間「睡眠タイム」
人生の3分の1は、寝ている時間

私たちの1日の平均睡眠時間は、約6~8時間といわれており、「人生の3分の1を占める」ということができます。

 

1日働きつくした身体の機能全体の疲れやダメージをリセットして、翌日も元気に過ごすことができるように、健康を維持する上で欠かせない大切な時間です。

 

睡眠不足はお肌の大敵!

そして、当然のように、お肌にとっても睡眠は大変重要です。

 

睡眠不足や質の悪い睡眠では、新陳代謝が低下して肌のターンオーバーが乱れ、くすみやシワ、たるみ、そして乾燥をはじめとするトラブルにつながってしまいます。


血流も滞るため、目の下にクマができて、顔色も悪くなりやすくなります。

 

大切なのは、睡眠時間の「長さ」だけじゃない

しかし、睡眠も長くとれば良いというものではありません。

 

睡眠の「質」を高めるには、眠り始めの3時間が大事!

「肌のゴールデンタイム」、夜22時から午前2時付近は、身体の機能を正しく保つ成長ホルモンの分泌が、1日のうち最も盛んで、この時間にしっかり睡眠をとるのがベストとされています。

またその一方で、「はじめの3時間が重要」とも言われています。
このタイミングで成長ホルモンが分泌され、その後肌のターンオーバーが活発になるとされています。

 

質の良い深い睡眠が得られるよう、日頃から生活リズムや食事に気を付けましょう。

 

眠る前はリラックスするのが、熟睡のポイント♪

就寝前3時間はなるべく食べ物をとらず、ベッドについたら携帯や本、激しい音楽などは避け、身体も精神もリラックスさせることが大切ですね。

 

 

睡眠の質を決める「枕」の選び方

しっかり準備を整えて睡眠に入ったら、その後大切なのは「快適にリラックスした状態で、睡眠を継続できるか」ということ。

そのときに鍵となるのが、終始時間を共にする「枕」の選び方です。

 


頭部を支え、身体全体のバランスをとっている非常に重要なアイテム「枕」。
私たちは、それぞれ違う身体をもっているので、自分に合う枕を見つけることが大切です。

姿勢を適切に保ってくれるものを

首もとのシワを気にして枕を使用しない方がいるようですが、大切なのは、自分に合った枕の高さを選ぶことです。

高すぎる枕は、喉を圧迫し、シワまで!

枕が高すぎると、首や肩に負担がかかり、喉も圧迫されて快適に眠れません。

また、確かにこの状態ではシワの原因になってしまう可能性もあります。

 

低すぎる枕は、首の痛みやむくみの原因に

しかし、逆に枕が低すぎても、頭が低い位置になりすぎて、血液の循環に良くありません。
それにより、首の痛みや、むくみの原因にも繋がってしまいます。

 

理想の枕とは?
直立した状態と同じような自然な姿が、理想の寝姿

理想は、寝た状態でも立ち姿のような自然な姿勢を維持できることです。

 

最適な枕の平均的な高さは、女性で約3cm

最適な枕の平均的な高さは、女性で約3cmといわれていますが、枕やベッドの高さ、体型に応じて、自分が心地よい高さに調整しましょう。

 

このコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

スキンケア
LATTE BEAUTYに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ