気になる女性をわざと無視!「好き避け」をする男性の心理・特徴・脈なしの見極め方

心理カウンセラーが教える、男子の「好き避け」の生態とは。女性側から「嫌われた」「無視?」などと勘違いされ、後悔する男性も少なくないのだとか。

執筆者: 小日向るり子 職業:心理カウンセラー
気になる女性をわざと無視する「好き避け」

こんにちは、心理カウンセラーの小日向るり子です。


「好き避け」という言葉。

初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか。

 

実は私も、この言葉はクライアント様から教えてもらった言葉です。

 

「好き避け」とは?

「好き避け」とは、簡単に説明すると、相手のことが好きなのに、避けてしまったり冷たい態度をとってしまう言動のことをいいます。


今回は、男性が行う「好き避け」の心理について書いてみたいと思います。

 

「好き避け」特徴1 精神年齢が幼い

小学生のころ、男子は好きな女の子に限っていたずらをしたり、いじわるをしたりしていませんでしたか?

好き避けの心理はこれと同じです。

 

通常、人は成長するに従って、好きな気持ちを「どのように伝えるか」ということに関心が向いていきます。

そのためにはまず自分の感情と正直に向き合わなければならないのですが、これは精神的な成熟さを必要とします。


好き避け行動をしてしまう人は、自らの心をそのまま受け入れて行動に移す精神的タフさが育っていないために、「避ける」「冷たい態度をとる」といった行動をしてしまうことが多いのです。

 

 

「好き避け」特徴2 自分に自信がない

根本的に抱えているのはこの自信のなさ、つまり自己肯定感の低さです。


「自分なんて相手が好きになってくれるわけがない」という拗ねた気持ちを常に抱えています。


避ける行為だけではなく、あなたが話しかけてもそっけない言動を取ったり、自分にだけ冷たい態度を取ったりする場合は、この「自分に自信がない」心理からくる場合が多いです。

 

 

「好き避け」特徴3 人生で女性と一緒にいた環境が圧倒的に少ない

中学からずっと男子校で、大学は理系でそのまま男性ばかりの職場に就職。

家族構成はお母さん以外は男。

 

例えばこのような感じで成育環境の中に圧倒的に女性が少ない場合も、女性を好きになると避けてしまう傾向があります。
これはただ単に、「女性に慣れていなくてどう接したらいいか分からない」という状況からくる行為です。

 

 

好き避けかどうか見極める方法は?

ここまで読んでくださった方の中には、「もしかしたら自分のことを本当に嫌いでそのような態度をとっているのでは?」と思う方もいるでしょう。

その場合は、男性の普段の言動を観察してください。


容姿が良く、仕事もでき、社交的な人、例えばサラリーマンで言えば出世街道に乗っているようなタイプの人にそのような態度をされたら、それは好き避けではなく「脈なし」と考えた方がよいでしょう。


しかし、普段から人と目を合わせて話すことができなかったり、あまり社交的なタイプでない人があなたにだけ冷たい態度をとるのであれば、それは好き避けの可能性が高いです。

繊細な男性に多い「好き避け」…今後も振り回されることは必須!

好き避けをしてしまう男性は、神経が繊細なタイプの人に多いので、女性側からするとアプローチも大変です。

実際に付き合ってからも面倒に思うところもあるのは覚悟しておいた方がよいでしょう。


しかしそれでも好きになってしまったら仕方ないですよね。

人を好きになることは理屈ではないですから。


避けられてもめげずにアプローチして、素敵な恋愛を掴みましょうね!

 
 コラムニスト情報
小日向るり子
性別:女性  |   職業:心理カウンセラー

カウンセリングスペース「フィールマインド」代表カウンセラー。
15年間の出版社勤務の傍ら、ボランティアでNPO自殺予防ダイヤルの電話相談員をはじめたことがカウンセラーを志すきっかけとなりました。
退職後は派遣やアルバイトで働きながら(社)日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラーの資格を取得し、その後公的機関のセクハラ相談員を経て自身の会社「フィールマインド」を設立しました。
フィールマインドサイト:http://feel-mind.net/index.html

関係(恋愛・職場・友人)/ 恋愛関係 / メンタル疾患 / 性に関する悩み/ のご相談を得意としています。
エキサイトお悩み相談室登録カウンセラー:http://counselor.excite.co.jp/

 

 恋愛のコラム

 生活のコラム