人見知りだから友達がいない?会話下手の人が知り合いを増やす3つのコツ

執筆者: 辻 真由
人見知りでも交友関係を広くできる!

シャイな性格の多い日本人には、「自分は人見知りだ」と自覚している方も多いのではないでしょうか。


人見知りだと、交友関係の幅が狭くなってしまうのが悩みですよね。

それどころか、現状の人間関係ですらギクシャクさせがち…。


今回は、人見知りさんが交友関係を広く出来る3つのコツについてお教え致します。

 

 

笑顔を心がける

人見知りの方は他人に対しての壁が分厚いので、初対面の方への表情が硬くなってしまいがちです。
固い表情は場合によっては怒っている印象を与え、いつの間にか相手の中で「怖い人」というイメージが定着してしまいます。


そんなイメージを持たれないようにするためにも、初対面の方に対してはなるべく笑顔でいるように心がけましょう。


愛想笑いが上手くできないという方は、口角を上げるだけでも、グッと柔らかい印象になりますよ。

 

 

話し下手は同調の姿勢でカバーする

人見知りさんの中には、話題を振るのが苦手な方が多いと思います。

また、他人の話題にもうまく返答できずに、後でひとり反省会をしてしまいやすい傾向があります。


そういう方は話題を出すことを捨てて、場を盛り上げる脇役に徹しましょう。

 

 

上手く話せなくても相手の話に共感し、笑っていると「ノリのいい人だ」という印象を持たれます。
無理に場の主役になろうと頑張るのではなく、相手に寄り添う「同調の姿勢」を取ることもひとつの方法です。

深刻な悩みを受け止めてあげる

ある程度仲が深まってくると、相手から深刻な悩みを持ちかけられることがあります。
特に女性同士は悩みを相談し合う人が多いので、そうした場面に出くわす機会も多くなります。


そうしたときこそ、人見知りさんの出番です。

 

 

人見知りだからこそ、相談しやすい…

人見知りさんは、口数が少ないために落ち着いて見られ、また誰かにバラすタイプにも見えませんので、嫌われていないのなら相談事を持ちかけられやすい存在。

秘密にしたい話題も打ち明けられることが多いかと思います。


そうしたときは相手の悩みを受け止めて、自分ならどうするかを考えつつ、アドバイスをしてあげるようにしましょう。

 

YESマンから一歩踏み出す

相手が間違っていると思ったら、そこを指摘してあげることです。


単なるYESマンは悩みの解決にはなりません。
自分のことを真剣に考えてくれる大切な存在だと思わせ、より信頼関係が深まりやすくなります。

 

女性相手には聞き上手に

また、女性は相槌や同調を求めて相談事をすることが多いので、その場合は受け身で聞き上手に徹しましょう。

 

 

口数の多さ=交友関係の広さではない!

交友関係の広さは積極性で決まると思われがちですが、一番大切なのは相手を思う姿勢です。

言葉が少なくても感じのいい人は、「控えめで素敵だ」と思って貰えるはずです。


人見知りだから…と理由をつけず、上記のポイントを押さえつつ、交友関係を広げてみてはいかがでしょうか。

 
 

 生活のコラム