菊の花をめいっぱい食べる季節に♪東洋のカモミール「菊花」の漢方的効能

執筆者: 漢方Kaon 職業:漢方アドバイザー

はじめに

こんにちは、漢方アドバイザーの寺井麻友です。

9月9日は重陽(ちょうよう)の節句。
ご存知ではない方も多いかもしれませんが、端午の節句に同じく五節句のうちのひとつで、その昔は菊の花をお酒に入れて飲み、不老長寿を願っていたのだそうです。


そこで別名を菊の節句とも呼ばれています。

 

 

菊の花は薬の代わりにもなった

この菊の花、漢方ではとてもポプュラーな食材です。
漢方の生まれ故郷の中国では、2000年以上も前から「目の病気には菊の花」と言われ、薬として食べたり飲んだりされていました。

菊の花は漢方では「菊花(きっか)」と呼ばれ、目の乾きや充血、痛み、疲労にとてもよく、お茶として飲み続けると視力がよくなるとも言われています。

スマホ・PC社会で目を酷使しがちな現代の必須アイテムとも言えますね。


さらに血行もよくしてくれるので、肩こりや肌荒れなどにもおすすめです。

 

お茶として

菊花はお茶として手軽に飲むことができます。


乾燥させた菊花茶は、東洋のカモミールとも言われ、よりふんわりとした甘い香りで心が癒され、氣分もリフレッシュできます。

 

 

のどの痛みや腫れにも

また菊花は目の炎症だけでなく、のどの痛みや腫れも和らげてくれます。
菊花を煮出してから取り出し、のどを潤すハチミツをプラスすれば効果倍増です。


これからの季節、乾燥でのどが痛む時にぜひお試しください。

 

食用菊のおひたしを食べよう

これからが旬の食用菊は、花びらを茹でておひたしにするのが美味しくておすすめです。
シャキシャキとした食感を楽しみながら、たくさんいただきたいですね。

 

飲む目薬、「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」

そして菊花の入った漢方薬では「飲む目薬」として杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)が有名です。

 


菊花と同じく目に良い枸杞(くこ)の実も入っていて、疲れ目や充血、目のかすみやまぶしさ、視力低下などの目のトラブルのほか、頭痛やのぼせ、ふらつきといった症状にもよい漢方薬です。


お客様の中には、一服飲んで目の痛みがすごく楽になったという方もいらっしゃいました。
お試しになりたい方は、1度医師や薬剤師、漢方アドバイザーにご相談下さいね。

 

漢方茶で残暑の疲れを癒す

菊花も枸杞の実も入った漢方茶・Kaon茶もおすすめです。

 

 

他に体を温めるシナモンや生姜やみかんの皮、元氣のモトになる人参、お肌を潤し血を増やすナツメがブレンドされています。


夏の疲れが残った今の時期の体を労わることができ、妊婦さんやお子さんも安心してお飲みいただける優しい漢方茶です。

 

 

漢方薬局で購入しよう
菊花の効果をより期待したい場合は、医薬品品質の物がおすすめです。
漢方薬局で手軽に購入することができます。

 

今年の秋は、ぜひ菊の花を楽しんでみてくださいね。

 
 コラムニスト情報
漢方Kaon
性別:女性  |   現在地:東京都中央区銀座2-6-5銀座トレシャス7F 対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座内  |   職業:漢方アドバイザー

漢方Kaonは
”人生を楽しく元氣に生きる”をテーマに
漢方を取り入れた生活をご提案しております。

漢方は難しいものでも、遠い存在でもなく、自然からの贈り物。
そして
私たちの生きる力を優しく支えてくれるもの。

漢方をもっと身近に
もっとあなたらしく

さあ、漢方の扉を開いてみませんか。



-こころとからだを軽くする漢方カウンセリングを行う-

≪漢方カウンセリングルームKaon≫
   
   http://kampokaon.com/
 


-今までにない、実践主義、本物主義の漢方の学校-

≪Kaon漢方アカデミー≫
   
http://academy.kampokaon.com/



   facebook
   https://www.facebook.com/kampokaon

   ブログ
   http://ameblo.jp/kaon2010/