インテリア雑貨は「色」ですっきり収納♪小物コーディネートのコツ (1/2)

執筆者: 林 通子 職業:インテリアコーディネーター
ポイントは色使い!おしゃれに小物を飾るコツ

こんにちは、インテリアコーディネーターの林通子です。

 

お部屋の中にお気に入りの小物があると、それだけで気分が上がり、楽しく過ごすことができるものです。

インテリアの中でも、小物の飾り方は大切テーマの一つです。

 

今回は、小物の飾り方と色使いについて、簡単におしゃれに見えるポイントをご紹介します。

本はどう飾る?

本には、文庫本や単行本、雑誌、洋書など、様々なサイズのものがあります。

新しく購入したもの、お気に入りで大切にとってあるものなど、本棚やシェルフに、思い思いの方法で収納されていることでしょう。

 

このような書籍類も、ちょっとした工夫で雑多な印象はなくなり、おしゃれに見えるようになります。


まず基本は、同じサイズの本を揃えることです。

そして、次は直接見える「背表紙」に注目します。


文庫本を例に、いくつかのパターンを試してみましょう。

 

カバーの色に合わせて並べてみると


カラフルで楽しい印象になりますね。

 

逆にカバーを裏返し、白で統一してみると

 

スッキリした感じにはなりますが、冊数が多くなると、冷たく味気ない印象にも見えます。
また、タイトルがすぐにわからず、探しにくいというデメリットもありますね。

そこで、カバーを外してしまうと

 

色合いは、微妙な違いはあるものの、ベージュのような生成りの色なので、スッキリしつつも、やわらかい印象になりました。

このように、ある程度量の多いものを飾るときは、色は重要なポイントになりますね。

バック(背景)の色もポイントに!

では、次に、飾っている小物は同じものですが、バックの色が全く違うパターンについてです。

 


同じ小物でも、右のピンクのバックは、左の写真よりもエレガントで可愛らしい印象に見えますね。

小物を変えることが出来ない場合でも、飾るスペースのバックに好きな色の紙や布を貼ると、小物も表情が豊かになります。

小物同士の色合わせについて

次は、フォトフレームに、色合いの違うものを合わせてみたパターンも見てみましょう。

シルバーやゴールドのみで

 

ワインレッドの物を合わせて

 

ワインレッドをポイントにして


最後のパターンが、上のそれぞれの写真よりも奥行きが出たように見えますね。

今回はメタリック調というベースでしたが、このベースだけは押えたうえで、さらにポイントとなる色使いを考えると、単調な印象はなくなり、面白味が出てきます。

 
 コラムニスト情報
林 通子
性別:女性  |   職業:インテリアコーディネーター

京都・滋賀を中心に稼働中のインテリアコーディネーターです。日々の暮らしを愉しみ、心地よく過ごす・・・そんな空間創りをお手伝いさせていただきます。
ホームページ:interior design LaBlanche (https://www.lablanche.net)

 

 生活のコラム