皆が知ってる「あの童謡」の都市伝説!意味を知ると怖いマザーグースの歌詞とは

イギリスを始めとした世界の童謡、マザーグース。今回は都市伝説として有名な、歌詞の意味がちょっぴり怖い作品を集めてみました。

執筆者: 釘崎アンナ 職業:サブカル研究家
英国が誇る寓話・童話「マザーグース」

英国文学を好む人であれば誰でも知っている、マザーグース。
地元英国では聖書・シェイクスピアと並んで一般教養の1つとされているほど、世界中で知名度の高い伝承童謡の総評です。

このマザーグースですが、子供から大人まで口ずさむ覚えやすいフレーズの中に、都市伝説化している「童謡」が多く存在しています。

 

 

意味を知ると怖い?
Ring-a-Ring-o' Roses(リング・ア・リング・オー・ローゼズ)
Ring-a-Ring-o' Roses,(バラの花輪だ 手をつなごうよ)
A pocket full of posies,(ポケットに 花束さして)
Atishoo! Atishoo!(ハックション! ハックション!)
We all fall down.(みいんな ころぼ。)

 

英国童謡研究家のオーピー夫妻によると、このようにバラをモチーフとしたわらべ歌は、イギリスだけでなくヨーロッパ各地にあることから、五月祭(メーデー)に飾られたバラの花輪の名残を意味しているとのことです。

 

しかし、イギリスを始めヨーロッパでは、当時ヨーロッパの全人口の約3割を死亡させたと言われている「ペスト(黒死病)」の流行を歌ったものであるという説が一般的に広まっています。

 

薔薇はペスト発症時に現れる皮膚の出血斑症状、花束はペスト予防のハーブ、そしてくしゃみはペストの初期症状を意味しているとのことです。

 

 

BESSY BELL AND MARY GRAY(ベッシー・ベルとメアリー・グレー)

ちなみに本当にペストを謳った童謡も存在しています。

 

Bessy Bell and Mary Gray,(ベッシー・ベルとメアリー・グレイ)
They were two bonny lasses;(2人とも可愛いお嬢さん)
They built their house upon the lea,(草原に2人の家を建て)
And covered it with rushed.(い草で屋根を覆った)

 

Bessy kept the garden gate,(ベッシーは門番をして)

And Mary kept the pantry;(メアリーは食料庫を守る役目)
Bessy always had to wait,(ベッシーはいつも待っていなければいけない)
While Mary lived in plenty.(メアリーがお腹いっぱいになってる時に)

 

一見何ともない歌詞ですが、ベッシーとメアリーという令嬢が、ペストの猛威から隔離され、共同生活をしたものの結局は病魔に倒れるというあらすじです。

 

 

「ベッシーは門番をして」という部分の「門」を死の門と捉え、先に亡くなったベッシ―が、死者の都の門前でメアリーを待っているが、メアリーは未だ食料を食べて生き延びており、いつも待ちぼうけをくらっている…という説にも捉えられているようです。

 

London Bridge Is Falling Down(ロンドン橋落ちた)
London Bridge is falling down,(ロンドン橋が落ちた)
Falling down,(落ちた)
Falling down.(落ちた)
London Bridge is falling down,(ロンドン橋が落ちた)
My fair lady.(マイ・フェア・レディ)

 

マザーグース史上、最も有名で謎の多い遊び歌です。

どんな人でも1回は聞いたことがあるこの歌は、「人柱」説や「自然災害説」など諸説あるものの、どれも共通しているのは「ロンドン橋のたび重なる崩壊」を謳ったものであるということ。

 

 

戦争や火災、自然災害でロンドン橋は幾度となく崩壊の危機に直面しており、それを揶揄した童謡であるというのが一般的です。

 

また、「マイ・フェア・レディ (My Fair Lady)」が誰かという諸説についても、原文である「レイディ・リー (Lady Lee)」から推測し、リー家の貴婦人説、橋建設に関わった王妃説、または「リー川 (River Lee)」であるともされています。

 

都市伝説的には「人柱のお嬢さん」と訳すのが有名ですね。

 

マザーグースを知ると、映画や文学がもっと面白くなる

欧米の人気映画や童話、絵本、小説などには、シェイクスピア同様、マザーグースの詩が数多く散りばめられています。

 

当然意味を知っているものとして作られていますので、マザーグースをより深く知ることで、映画や文学作品がより奥深く理解出来るはずです。

 
 

 生活のコラム