外国人風パーマヘア「なみなみウェーブ」のやり方、実は寝てる間に簡単にできちゃうのです。しかもストレートアイロンやコテいらず。

あの「なみなみウェーブ」が簡単に。

外国人のナチュラルヘア風を演出できると大人気の「なみなみウェーブ」。

多くの方が、コテでくるんと折り返したり、ストレートアイロンで三つ編みをプレスしたりと、様々なテクを駆使して作っていますよね。

 

しかし、さらに簡単に作れる方法があるのです。

眠っている間に完成する「なみなみウェーブ」の作り方をご紹介します。

 

 

寝てる間に「なみなみウェーブ」を作ろう。
髪を綺麗にとかそう

お風呂上がり、髪を乾かして普通にとかします。

 

ざっくり三つ編みを結います

ここでポイントなのが、三つ編みを結う位置。

普通に三つ編みを結ってしまっても構いませんが、より「なみなみ」感を出したいのであれば、てっぺん辺りから多めにひと房手に取り、縦に三つ編みを結いましょう。

 

 

ちなみに三つ編みはざっくりで構いません。

ただし、あまり緩いと「なみなみ」感が薄くなりますので、ほどけない程度の適度なきつさで結びましょう。

 

これくらいの三つ編みで、右の程度のなみなみ感が出来上がります。

 

三つ編みの先端をくるんと折り曲げる

三つ編みが二つ出来たら、ゴムで留め、先端を折り曲げます。

 

 

ピンで留めます

そのまま2~3回ほど折り曲げていき、ピンで留めます。

 

 

この工程を行うことで、毛先がくるんとまとまり、いわゆる「貧乏パーマ(三つ編みパーマ)」を回避できるのです。

 

おやすみなさい!

この状態で眠り、朝は三つ編みをほどいてブラッシングするだけ。

綺麗な「なみなみウェーブ」が完成します。

 

 

おわりに

時間のない朝の時短テクとしては最強で、かつ誰でも簡単に出来て失敗のないやり方かと思います。

 

カーラーなどは寝る時に痛いですし、朝は忙しい。

そんなズボラ女子におすすめのウェービーヘアの作り方でした。

このコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

美容 / 健康管理
LATTE BEAUTYに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ