海外旅行先でナンパされた!外国人がよくやるナンパ手口と対処法 - Latte

  海外旅行先でナンパされた!外国人がよくやるナンパ手口と対処法

日本人女性は海外でモテる?外国でナンパされやすいシチュエーションと対処法!女性の一人旅、女子旅を危険から守る防犯対策をご紹介します。

執筆者: りーな りーな 職業:グアテマラガイド・旅人
日本人女性は外国ではモテる!海外でナンパされたときの対処法

海外に行くと、日本人女性は非常にモテます。

小さくてかわいらしいから、またいつもニコニコしていて愛想が良いからと、とにかく人気者になりがちですが、そこには多くの魔の手が伸びてきています。

 

今回は、海外でナンパされた時の対処法をご紹介します。

 

 

「写真を撮ってあげるよ」、「道案内をするよ」には要注意!

何かと優しい言葉をかけて接触してくる人には、要注意です。

「せっかく優しさから声をかけてもらったのだから、丁寧に断らなきゃ」等のことは一切考えずに、はっきりとNOとお断りしましょう。

 

この際に、愛想笑いなどは不要です。

笑顔を見せてはいけません。


どうしても誰かに写真撮影を頼みたい場合は、旅行者のカップルに頼むと良いでしょう。

 

日本語で話しかけてくる人が、みな親切な人とは限らない

海外で日本語で話しかけられると、それだけで安心して心を許してしまいがちですが、実はその人は、日本人ばかり狙ったナンパ師なんていう強者だったりします。

 

「日本語を勉強しています。勉強のため、お茶してください」と言われても、その後どこかに連れて行かれたりする危険性もあるので、「急いでいるから」「時間がない」等を伝えて別れましょう。

 

一人旅、女性だけの旅でも、男性の存在をアピールする

ナンパ相手は、こちらが女だけだと思って接触してきます。

しつこい相手には「今から彼氏と待ち合わせなの」、「彼氏がホテルにいる」など言って、素早く逃げましょう。

 

また、結婚していなくても、左手の薬指に指輪をしていれば、それだけで撃退策になります。

一人旅で、ナンパは御免被りたいという場合は、指輪をしていくのも一案です。

 

「良いバーがあるんだけれど」という誘いに乗るのは危険大
いわゆる「ぼったくりバー」に連れて行かれることも

バーに連れて行かれる前に断る・逃げるのが鉄則ですが、うっかり連れて行かれると、メニューも見ないまま「オススメ」を注文させられ、後々法外な料金を請求されることがあります。

 

バーに誘われたら「私、お酒は飲まないの」など、とにかくはっきりとNOと伝えましょう。

 

 

「私モテるんだ!」と頭お花畑にならないで!

日本でナンパされたことがない人でも、海外に行くと、あっという間にナンパされてしまうことがあります。

「声をかけられて嬉しい」と思わず、「そこには下心あり」と考え、NOと断りましょう。

 

外国では白黒ハッキリつける女性が「一人前の女性」としてみなされ、生き延びていけます。

 
 

 海外旅行のコラムランキング

LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ