コラーゲンを摂取しても美容効果は「ない派」と「ある派」。お肌のハリやほうれい線対策、または老化予防にコラーゲンが多い食品は効くのでしょうか?

コラーゲン摂取は美容に良いとは言えない

こんにちは、パーソナルトレーナーの和泉です。


コラーゲンと言えば、美容に良い成分と知られています。
化粧品やドリンクなど女性なら美容の為にコラーゲンを意識した事があるのではないでしょうか。


しかし、美容に良いと言われるコラーゲンは、口から摂取してもあまり意味がないのかもしれません。

 

 

コラーゲンとは?

コラーゲンとは、動物の結合組織の主要なタンパク質です。


コラーゲンが美容に良いと言われている理由は、皮膚に栄養素や酸素を供給して老廃物を取り除き、ハリのある肌を保ってくれるからです。

水分を除いた皮下組織の7割程度が、コラーゲンで出来ています。

 

不足すると…

水分量が減少して肌の張りやみずみずしさが失われてしまいます。


コラーゲンと言うと肌に良いイメージが強いですが、肌以外にも骨や靭帯、軟骨、目の水晶体や角膜にも存在しています。

体内のタンパク質の3~4割程度がコラーゲンで出来ています。

コラーゲンのまま体内に吸収できない

美容だけでなく身体にとって重要なコラーゲンですが、不足したコラーゲンを単純に食べれば良いと言うわけではありません。

 

コラーゲンは、三重らせん構造で強固に絡み合ってできているタンパク質です。
分子の大きいタンパク質は、そのままでは体内に吸収できない為、消化する必要があります。


タンパク質は、体内の消化酵素によって消化されアミノ酸やアミノ酸が数個繋がったペプチドに分解されてから吸収されます。

コラーゲンも一緒でコラーゲンは分子が大きいため、腸管から吸収できないと考えられます。

 

低分子コラーゲンなら大丈夫?

低分子コラーゲンもありますが低分子でも消化されてから吸収されます。
ですが、「一部はそのまま吸収されている」とも考えられてはいます。

 

コラーゲンを摂取=コラーゲンの補給にはならない

口から摂取したコラーゲンは、一度分子の小さいアミノ酸にまで分解され吸収されます。

吸収されたアミノ酸は、遺伝子情報を基に、必要な箇所で様々なタンパク質に合成されます。


タンパク質は身体を構成している成分なので髪の毛、爪、筋肉、臓器、骨などを作る為に使われます。
体内で再びコラーゲンになるとは限らないのでコラーゲン摂取がコラーゲン補給になるわけではありません。

 

コラーゲンに美容効果はない?

コラーゲンを摂取しても再びコラーゲンに再合成されるとは限りません。
仮に体内でコラーゲンが再び合成されたとしても、都合よく肌に効果が出るとは考えにくいのです。


コラーゲンの摂取で美容に効果があるとの報告もありますが、医学的にまだ効果があるとは言えません。

コラーゲンが美容に効果があるとは言えない理由
  1. 体内で消化されてアミノ酸やペプチドに分解されるのでコラーゲンのまま吸収できない
  2. 分解されたコラーゲンが再びコラーゲンに再合成されるとは限らない
  3. コラーゲンは肌以外にも存在しているので都合よく肌に効果が出るとは限らない

 

さいごに

コラーゲンを摂る事自体はアミノ酸の補給にもなるので決して悪くはありませんが、それが直接美容効果に繋がるとは言えません。

 

美容の為にはコラーゲンを摂るのではなく体内でコラーゲンをしっかりと生産できる身体を作ることです。

他にも、以下ポイントに注意してみましょう。

 

  • 古い細胞を新しい細胞に作り替える新陳代謝を活発にさせること
  • 体内の抗酸化能力を活発にすること
  • 糖化を防ぐこと

 

その為には、良質な睡眠、栄養バランスの良い食事、適度な運動を普段から心がけることが大切です。

このコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

美容 / 病院・クリニック
LATTE BEAUTYに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ