怒りが止まらない時に試したい3つのこと。イライラをポジティブに解消! (1/2)

怒りが抑えられない!ストレスを溜めないポジティブな対処法とは?イライラが止まらないときは、自分の心理原因を探ってみましょう。きっと解消方法が見つかるはず。

執筆者: 岡野恵子 職業:現役看護師、カウンセラー
怒りは、自分を成長させるチャンスをくれる!

こんにちは。看護師&心理カウンセラーの岡野恵子です。

 

怒りを感じた時、あなたはどんな風に対処しますか?
大抵は、その怒りを相手に向けるでしょう。

「あんなひどい人はいない」
「あの人が悪い」

 

 

全て相手のせいにして怒る。
そしてすっきりする。

それもありだと思います。

ですが、実はこの「怒ること」が、自分を成長させる事に繋がるということはご存知でしょうか?
今回は、怒りでストレスを溜めることなく、むしろポジティブに活用する方法をご紹介します。

1. 怒りを感じた時には「外に出す」

まず一つは、怒りを感じた時に「外に出す」ことです。

「怒りを外に出すこと」
そこは、皆が一番躊躇するところです。


「怒り」といったら、どんな怒り方をイメージしますか?
怒りをストレートにぶつける方法が真っ先に頭に浮かんだとしたら、あなたは怒ることに抵抗ある人です。

 

 

キレて怒りを爆発させるだけが、「怒り」の伝え方ではない

相手に怒りをぶつける方法は、ただストレートに出すだけではありません。

色々な出す方法があります。

例えば、相手に、自分が嫌な気持ちになったと説明する。

これも相手に怒りを伝える一つの方法です。

 

  • 「ショックでした」
  • 「それを聞くと嫌な気分になります」など

 

怒りを出す相手は、第三者でもOK!

そして、怒りは、直接相手にぶつけなくても構いません。

分かってくれる友達に話すこと。
それだけでもすっきりします。


もちろん、話す相手を選ぶ必要はありますね。

 

2. どうして怒りを感じたのか、自分に問いかけてみる

二つ目は、どうして怒りを感じたのか、自分に問いかけてみること。
怒りを感じる時は、あなたの中にある、隠された何かを知るチャンスなのです。

 

怒りを感じたら、自分の気持ちの観察開始!

例えば、次のような例を見てみましょう。

 

一生懸命ダイエットしているとき、我慢しているケーキを目の前で食べている人を見たとしましょう。
そして、ケーキを食べてる人が、「私ってこんなに食べても太らないんだよね。ダイエットしてる人が信じられなーい」と言ったとします。

 


相手にイラっとしたらその気持ちを、よく観察してみます。
どうして腹が立つんだろうと考えてみます。

 

ダイエットしてるからケーキを我慢している。

しかも頑張ってダイエットしている私。

そのイライラは、きっとこう言っているはずです。

  • 「我慢していない相手が羨ましい」
  • 「私はこんなに我慢しているのに!」
  • 「あなたは頑張らなくてもなりたい体型になってずるい」
 
 コラムニスト情報
岡野恵子
性別:女性  |   現在地:京都  |   職業:現役看護師、カウンセラー

現役ナース&心理カウンセラー。人間関係の悩みやストレス改善、うつ病、不安障害、パニック障害まで幅広いカウンセリングと心理療法を行っています。無意識の感情まで掘り下げて幼少期の問題まで探っていき問題解決に導くゲシュタルト療法、NLP、認知行動療法を駆使しています。お気軽にご相談下さい。
ブログはhttp://ameblo.jp/zenkoutei-keiko/をご覧下さい。
カウンセリングはmameshiba311@yahoo.co.jpまでご連絡お待ちしています。