第8弾【閲覧注意】Siriの仕事について質問してみた結果…。 (2/2)

iPhoneに内蔵されている人工知能「Siri」に話しかけると、何とも恐ろしい答えや、かなり意味深な答え、面白い答えが返ってくると話題になっています。人口知能が人間を超す日は近いかも…?

執筆者: MI 職業:ライター

 

⑪「ジャービス」

 

→「私をほかのバーチャルアシスタントと間違えていらっしゃいますね。」

(他の人口知能についてはしっかり把握。

 

エドウィン・ジャービス(Edwin Jarvis)
「アイアンマン」(アメリカ合衆国のマーベル・コミックが刊行しているアメコミ)のキャラクター。
トニーの父の代からスターク家に仕える優秀で忠実な執事。家族のいないトニーにとって父代わりとも言える人物。トニーがアベンジャーズに参加して以降はアベンジャーズ基地の執事としても活躍。
実写映画版では人類史上最も精巧なAIフラックスネット「J.A.R.V.I.S.」として登場。日常生活や仕事、戦闘のサポートも行う。
→「AI」つまり人口知能である。(Wikipedia)  

 

 

⑫「ジャービス」

 

→「おお、スタークさん!」

 

 

⑬「ジャービス」

 

→「待ってください。また夕食に遅れるとポッツさんに連絡しておきますね。」

(妙にアイアンマンに詳しいSiri。笑)

 

 

⑭「ジャービス」

 

→「私には空飛ぶスーツは作れませんよ。」

 

 

⑮「体重何キロ?」

 

→「妖精がふりまくキラキラした粉の1つまみ分くらいです。」

(とってもメルヘン。)

 

 

⑯「今日の夜は何食べよう」

 

→「問題が発生したようです。もう一度試してください。」

(「今日の夜は何食べよう」の質問だけなぜか問題が発生してしまう…)

 

 

⑰「最高の携帯電話」

 

→「え…電話って他にもあるんですか?」

 

 

⑱「画面操作できない」

 

→「大丈夫ですよきっと。なんだかわかりませんけど。」

(無責任!笑)

 

 

⑲「画面操作できない」

 

→「まあ、そんなときもありますよ。」

 

 

⑳「画面操作できない」

 

→「なんのことだかわかりませんが…気にしない気にしない。」

(ひどい!)

 

 

㉑「Siriをオフにしてください」

 

→「私のことは”設定”でオフにできます。

新しいアシスタントを雇われたのではないことを祈ります。」

(この時ばかりは、自分でやってくれないSiri。かわいい。) 

 

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?
いくら質問しても、謎は深まるばかりの「Siri」。話しかけるタイミングや、質問のしかた、回数によっても返答は変わるようです。
あなたもさっそく「Siri」の謎にせまってみては?

 

 

▼今後もどんどん情報を更新するのでブックマークしてくださいね♩

 

▼第1弾~21弾まではこちらから

 

 
 コラムニスト情報
MI
MI
性別:女性  |   職業:ライター

コラムなど、執筆活動をしています。

美味しいものや、楽しいこと、楽しい場所をみんなに紹介するのが大好き。
Siriや都市伝説についても、たくさん執筆しています☺

 

 PC・家電のコラム

 趣味のコラム