電力自由化で電気代は節約できる?新電力会社の比較とメリット

いよいよ電力自由化。公共料金(電気代)を安くするならどこの会社にするべき?東京電力以外で得られる各社のメリットと節約のポイントをご紹介します。

執筆者: ヨースケ城山 職業:節約アドバイザー
電力自由化でチェックすべき新電力会社

節約アドバイザーのヨースケ城山です。

 

待ちに待っていた電力自由化

2016年4月から電力自由化が始まります。
今までは、東京に住む人は東京電力、大阪に住む人は関西電力と、各地域ごとにある電力会社からしか電気を購入することはできないよう、電気事業法で規制されていました。


電力自由化でこの規制が緩和され、「新電力」と呼ばれる新しい電力会社が参入できるようになります。

 

 

消費者が電力会社を選ぶ時代

競争のない商売の世界でしたから、売り手の言い値でしか電力は買うことは出来ませんでした。

それがこれからは、消費者の方で電力会社を選べることが出来るようになるわけです。

電力会社が増えれば競争原理が働き、確実に電気料金は安くなります。

どの電力会社を選べばお得なのかを、ご紹介したいと思います。

 

JXエネルギー
ENEOSでんきAプラン(10A~60A)
  • 5年間の節約額71,610円節約


ENEOSでんきの基本メニューです。

2016年3月31日(木)までのお申し込みで、ご使用開始月(2016年4月以降)分の電気料金から、2,000円(税込)割引になる「今だけ早割!キャンペーン」実施中。

イーレックス・スパーク・マーケティング
従量電灯B(関東エリア、50A)
  • 5年間の節約額 53,275円節約
  • 価格.com限定特典 JCB商品券3,000円分をキャッシュバック


多くのご家庭でご利用いただいている、一般家庭向けの標準的なメニューです。


料金は、契約電気容量(アンペア)毎の月額基本料金と、電気の使用量に応じて電力量料金単価が変わる3段階の従量料金を加えた料金プランです。

アイ・グリッド・ソリューションズ
スマ電 従量電灯(東京エリア、3段階料金)
  • 5年間の節約額 43,560円節約


スマ電 従量電灯(東京エリア、3段階料金)は、24時間同一の料金となっています。

そのため、昼と夜で電気の使用状況に大きな変化がなく、昼間でも在宅している家庭に向いています。

 

電気を使う掃除や洗濯など家事は決まった時間に行っておらず、時間帯を分けて使用しており、一度に使う電気も少ない家庭はこのプランをお得に利用することができます。

東燃ゼネラル石油
従量電灯B(40A・50A)myでんき
  • 5年間の節約額 43,380円節約


東燃ゼネラル石油が提供するプランです。

東京電力で従量電灯Bをご利用の方向けのプランです。

HTBエナジー
H.I.S. 従量電灯B(東京エリア)
  • 5年間の節約額 43,155円節約


H.I.S. 従量電灯Bは、24時間同一の料金となっています。

そのため、昼と夜で電気の使用状況に大きな変化がなく、昼間でも在宅している家庭に向いています。

 

電気を使う掃除や洗濯など家事は決まった時間に行っておらず、時間帯を分けて使用しており、一度に使う電気も少ない家庭はこのプランをお得に利用することができます。

このプランは地域電力会社のプランに比べ、基本料金、従量料金が5%割安となっています。

 

比較条件 東京電力管内 従量電灯B 50A 3人以上 年間6,020kWh使用 価格.COM調べ 1月22日現在

 

いかがだったでしょうか?

5年間という時間で考えると相当な金額の節約になることが、「新電力」の出現で可能な事は解っていただけたでしょうか?

 

エネルギー会社の参入はもちろんの事、HTBエナジーなどは長崎県佐世保市の大型テーマパーク「ハウステンボス」(HTB)が新電力の為に作った新会社です。

エネルギー会社だけでなく小売業やサービス業、通信業などもこの「新電力」を商機と見て、参入してきております。

 

 

この機会を消費者側も逃すことなく、しっかりと比較して電気料金の節約をしていきたいものですね。

 
 コラムニスト情報
ヨースケ城山
性別:男性  |   職業:節約アドバイザー

社会保険労務士合格者

ファイナンシャルプランナー

住宅ローンアドバイザー

年金アドバイザー

1973年生まれ。大学卒業後、商売の基本を学ぶため大手100円ショップに入社。1円単位の原価計算の重みを知る。その後、大手スーパーに転職し、値引きやタイムセールを担当。リアルな現場での駆け引きや相場観を養う。またその手腕により東京地区エリアマネージャーとなり、新人採用を年間4000人担当した。

著書「給料そのままで月5万円節約作戦!!」の中では固定費の削減を中心に
ラクして貯めるをモットーに活動している。

ブログでいつも取り上げているテーマは節約全般、社会保険労務士試験 住宅ローン 労働問題 ブラック企業 障害年金 40代の転職 出版について 潜在貯蓄 教育についてなどになります。興味がある方は是非ブログも覗いてみてください。

著書は『給料そのままで「月5万円」節約作戦!』(ごま書房新社)。本の内容は、『らくらく貯蓄術。住宅ローン地獄に落ちない為の家計防衛のススメ。』
http://kotukotushinai.jimdo.com/
にもまとめられている。

ブログ『節約アドバイザー ヨースケ城山ブログ』http://ameblo.jp/yousukeshiroyama
では、節約だけではなく転職活動、著書、社労士、FPのことを配信中。

【著書】
2012年 給料そのままで「月5万円」節約作戦【ごま書房新社】より発売
2015年 給料そのままで「月5万円」節約作戦がkindle化されました。
2015年 「kindle無料キャンペーン」でベストセラーランキング1位を獲得して販売につなげる方法 発売。
2016年 給料そのままで「月5万円」節約作戦 増補改訂版発売
2016年 「子供の教育費は削りなさい!」奨学金利用者50%以上時代の新教育費計画発売
2017年 給料そのままで「月5万円」節約作戦 増補改訂2版発売
2017年 老後資金は49.9歳までに貯め始めなさい!: 私の老後に必要な資金は2164万円です あなたの金額は? 発売
2017年 人生の3大支出「住宅」「教育」「老後」を節約しなさい!お金の裏技3冊セット: この3つを節約すれば他の節約は不要!発売

 

 生活のコラム

 ビジネス・経済のコラム

 お金・資産運用のコラム