[カラー診断] 好きな色で深層心理が分かる!あなたが今、かけて欲しい言葉は…

カラー診断テストに見られるように、好きな色(カラー)でメンタル状態や深層心理が分かる!色の三原色「赤・青・黄」別で見た、効果的な励まし方とは?

執筆者: 桑原 幸子 職業:心理カウンセラー・セラピスト
好きな色別!喜ばれる励ましの言葉

こんにちは。心理カウンセラー・セラピストの桑原幸子です。

 

様々で種類の多いことを「色々」と表わすように、色の種類は1億あるとも言われています。

 

今では、何色ものインクのプリンターが溢れていますが、初期のころのプリンターのインクは「赤・青・黄」の3色を混ぜ合わせて他の色を作っていたように、「色の3原則」はこの3色となっています。

 

色は、人の心に大きな影響を与えるため、赤・青・黄のどの色を好むかによって、かけられると嬉しい言葉も異なってきます。

 

 

「赤」が好きな人におすすめの励まし言葉
「がんばれ!がんばれ!あなたならできる!」

 

赤が好きな人は、負けず嫌いで情熱的。

 

行動力や向上心が強く、「もっと成長したい!もっと上を目指したい!」という気持ちが強いため、「充分頑張ったじゃない!?」という励まし方よりは、上記のような叱咤激励型を嬉しく感じます。

 

 

「青」が好きな人におすすめの励まし言葉
「今のままで大丈夫!今のあなたがいい!」


青が好きな人は、普通を好み、大きな視野で物事をとらえることが得意です。

常に冷静で、流れに沿いながら前進することを好み、現状に不安を感じながらも、満足感を得たいタイプ。

 

ですから、「がんばれ!」というような情熱的な励ましより、上記のような丸ごと受けとめる、受容される言葉を嬉しく感じます。

 

 

「黄」が好きな人
「大丈夫!今までちゃんとやってきたじゃない!? あなたは、あなたのままで充分素敵♡」

 

黄色が好きな人は、好奇心が強く、情報収集をしたり、考え込んだりすることが大好き。

笑顔が多く、楽しそうに周りから見えるので、楽観的で深く考えることがないように思われがちです。

しかし、実は、地道にコツコツがんばる努力家の一面も持っています。

 

陰の努力を認められたいという気持ちがあるため、「頑張れ!」という励まし方より、上記のような「今までのこと全部見てましたよ」と伝わるような言葉を嬉しく感じます。

 

 

赤、青、黄色…その時の心理状態によって励まし方を変えてみる

好きな色によって、励まし方が変わるように、情熱的になりたいとき・冷静になりたいとき・楽観的になりたいときなど、時と場合に応じて、身に着けるものを変えることで、心理的に良い影響を及ぼすことも可能です。

 

ぜひ身近な色を、生活に取り入れてみてくださいね。

 
 コラムニスト情報
桑原 幸子
職業:心理カウンセラー・セラピスト

こんにちは。

初めまして、心理カウンセラー・セラピストの桑原です。

大学卒業後、医療機関で8年働き、スタッフの心のケアが必要性からカウンセリングを学びたいと考えているときに双子の妊娠発覚。

しかし、子宮外妊娠&流産。
自分のからだにふたつの命が宿ったのに、お腹の中で育てることができなかった悲しみ。
彼を父にしてあげられなかった悔しさ。
どんなにもがいても、取り戻せないいのちに対する罪悪感。

自責の念にとらわれ、誰にも理解されない苦しみと闘い続け、疲弊した中で、自分を丸ごと受け止め、自分と同じ想いをしているひとを救いたいとの想いから、カウンセラー資格を取得。

自らがカウンセリングを学ぶ中で、肩の力を抜いて楽に生きる喜びを知る。

自分が心を楽にできたことを多くの方に発信していきます。