既読スルーしたくなる!女性がやりがちな「うざいLINE」の特徴7つ

思わず既読スルーをかましたくなる、女性のうざいメールやLINE内容とは?もしかして、彼氏や好きな人にシカトされやすい「嫌われる」アプローチをしているかも。

執筆者: 鈴木愛乃

 

こんなLINEのやり取りしていませんか?

女性が知らずとやりがちなLINEのNG特徴とは。


 

毎日LINEを送る

好きな人や気になる人、彼氏に普通にやってしまうこの「毎日の連絡」。

大多数の男性が「面倒くさい」「また来たなぁ」「暇なのかな」と感じることが多いようです。

 

男性はこまめに連絡しない

女性はちょっとした事も共有したくなる脳の構造をしていますが、男性は用がないと頻繁に連絡をしません。

したとしても、絶対にゲットしたい女性がいる時のみ「物凄く頑張って」頻繁に連絡を取ろうとします。

 

そのため、日常の何気ない会話や伝えたい出来事をLINEで連絡したとしても、「そっか」と流されてしまう可能性が。

あまり関心がない女性から毎日届く場合、煩わしさから密かにブロックしてしまう人も。

 

短文を連投する

男女ともにうざいと言われやすいこちらの「短文連投」。

 

「お疲れさま」「あのね」「今日遊びに行った」など、1つの話題を伝えるのに短文で連投してくる女性が多く、「通知音がいちいち煩い、1つにまとめろよ!」と、世の男性はうんざり気味。

 

ワンセンテンスごとに送れる気軽さが良いところでもあるのですが、あまりに通知が連続すると単純に「うるさい!」と敬遠されてしまい、通知オフの対象となります。

 

言葉の後にいつもスタンプを送る

女性は良くスタンプを使用しますが、「OK、楽しみにしてます」の分の後に「OK」と同じ意味のスタンプを送るなど、会話内容と同じ意味のスタンプを送ることに意味を見いだせない男性も。

 

「じゃあOKスタンプだけでよくない?」と感じてしまうようです。

 

質問系の内容が続く

それでなくても、質問攻めは非常に苛立ちを生み出す、失礼な行為でもあります。

 

返信テクニックなのかもしれませんが、質問系が続くと男性も「自分で考えろよ(調べろよ)!」か「もう(質問タイムは)終わり」という気分になってしまいます。

 

返信しない内から話題を被せてくる

例えば1通目のLINEを確認して、返信をしている最中に次々送られてくると「ちょっと待てよ」と思わせること必須。

まず1通目の内容に返信をし、次の内容に返信を…そうしている間に新しいLINEが届くと、もう返信する気が起きなくなりませんか?

 

会話のキャッチボールが出来ないような、怒涛のタイミングで送るのは止めましょう。

少しは落ち着いて下さい。

 

いつもネガティブな内容である

愚痴や怒りなど、ネガティブな話題ばかり送っていると、あなたからの連絡=不快という公式が出来上がってしまいます。

 

彼は感情のゴミ捨て場ではありませんので、ネガティブな話題は相手を選んで送りましょう。

 

返信していないのに何度もLINEを送る

こちらは2種類のパターンがあります。

 

メンヘラタイプ「催促内容を送る」

返信が来ない、未読が続く、既読スルーをネガティブに捉え、「返信ください」「どうして返事くれないの」「忙しい?」など催促をしてしまうタイプは、一発アウトと考えて良いでしょう。

 

読むだけ読んで、返信は後回しにしようと考えているのかもしれません。

冒頭をロック画面などで読んで、後でじっくり読むつもりなのかもしれません。

 

相手のライフスタイルを配慮できないタイプは、もはや迷惑な存在と言っていいかも。

 

KYタイプ「自分勝手に話題を続ける」

責めたり催促はしないものの、「そういえば」「〇〇って映画見たよ」「その後、カフェも行って」など、相手が読んでいる読んでいないに関わらず、自分の話したいことを連投していくタイプ。

 

ふと彼がスマホを見たとき、LINEのアイコンが2ケタになっていたけれど、全て同一人物からだった…なんてホラーでしかありません。

 

 

やらかしていませんでしたか?



男性の返信気力を奪うようなLINEを送らないよう、

意識しないといけませんね。

 
 

 生活のコラム