[宇宙すごい]宇宙空間って空のどこから始まる?不思議で謎な「宇宙」の線引き

謎が多い宇宙。どこまでが空で、どこからが宇宙なのか。不思議で謎、そしてちょっと怖い「宇宙」の疑問を探っていきましょう。

執筆者: 大西 紘平 職業:アパレル接客・暮らしガイド
空を見上げたらそこは空か、宇宙か

空。特に意識することも、説明する必要も無いかと思います。

 

ふと見上げることもあれば、何となく見ることだってあります。

晴れた日の昼なら青空が、夜なら夜空が広がっています。

そして空の向こう側、それは宇宙です。

地球の周辺だけを見渡しても、望遠鏡や人工衛星、そして国際宇宙ステーション(ISS)が宇宙空間に浮かんでいます。

 

 

宇宙ってどこから?

宇宙とは、一体どこからが境目なのでしょうか。

 

酸素が無ければ宇宙なのでしょうか。

それとも上空何キロから宇宙になるのでしょうか。

実は定義が非常に曖昧なのです。

宇宙空間の定義は曖昧

極端に言えば、上空何キロからでも宇宙と言えば宇宙になります。

それでは困ってしまう場合もあるので、便宜的に大気圏よりも外側を"宇宙空間"と呼んでいます。

しかし、大気圏外と言われても、あまりイメージ湧かないと思います。

大気圏とは

大気圏は大気の層のことを呼ぶため、火星や木星にもあります。

地球の場合は地上に近い順番から対流圏、成層圏、中間圏、熱圏、外気圏が存在します。

 

このうち、空気が存在する領域までを一般的に大気圏と呼び、それよりも上空を宇宙空間と指すことが多くなっています。

 

 

なら宇宙は上空何キロから?

それなら宇宙空間は上空何キロからになるのでしょうか。

 

定義が非常に難しいのですが、およそ上空300~500キロ以上から宇宙と言われています。

大気圏の定義も実際はやや曖昧ですが、空気は高度が上昇するほど希薄になります。

その一方で、外気圏まで含めて考えると上空1万キロ以上が宇宙空間となります。

 

結局どっちが正しいの?

はい、実はどちらも正しいのです。

上空100キロでも宇宙!

宇宙は定義が曖昧です。

そのため、絶対に500キロ以上が宇宙とは限らない例もあります。

 

カーマン・ラインとは

例えば「カーマン・ライン」と呼ばれる一つの境界線が存在します。

これは上空100キロにある仮の境界線で、これより上が宇宙、下が大気圏と定義されています。

このカーマン・ラインが定義されたきっかけが、1950年代に活発になった宇宙開発競争です。

計算によって上空約100キロと見積られました。

 

 

例えばNASAではカーマン・ラインより上を宇宙と定めています。

日本のJAXAも同じです。

80キロが宇宙の境界線に

それなら上空100キロか500キロから宇宙、と定義してもいいと思われます。

 

ですが、更にもう一つ、地表から80キロ以上が宇宙という目安があるのです。

100キロよりも更に20キロ低い地点から宇宙になります。

これは、アメリカの空軍が定めている地球と宇宙の境界線となります。

つまり戦闘機で上空80キロを超えた場合、その戦闘機は宇宙空間へ達したと見なされます。

 

 

おわりに

宇宙は、何となく見上げているけれど、実際は境界線がほとんど無いようなものです。

少しモヤモヤするかもしれませんが、100キロが良い目安かもしれません。

宇宙開発を指す場合、この100キロを用いることが多いからです。

人が宇宙の存在を知って数千年。

まだ境界線が決まってないなんて、ちょっと変な話ですね。

 
 コラムニスト情報
大西 紘平
性別:男性  |   現在地:香川県  |   職業:アパレル接客・暮らしガイド

コラムをご覧いただきありがとうございます。

服飾専門学校を卒業後はアパレル業界へ数年間身を置いていました。
Latteではファッション(業界ネタ中心)や生活の知恵など、様々なコラムを執筆しています。

今は下記のブログでも情報を配信中です。

flappe(フリーランス・フリーライター向け情報サイト)
http://flappe.guide-book.xyz/

ぐーぱん(ファッション業界の最新ニュース)
http://gu-pan.com/

お気に召しましたらGoogle+のページもご覧下さい。
コラム配信のお知らせをいち早くお届けします。

*Google+*
https://plus.google.com/107466210478032391080/about

*Twitter*(ぐーぱん専用)
https://twitter.com/gu_pan_news