関係を見直すとき?彼氏とうまくいかない時のチェックポイント4つ

彼氏とうまくいかない…別れたい、別れた方がいいかも。そんな時は見直してほしいポイントがあります。恋人との関係性を再チェックしてみましょう。

執筆者: 鈴木愛乃
我慢していませんか?彼との関係を見直すポイント3つ

大好きな人と両思いになり、嬉しい恋愛がスタートする中で、お互いを知っていくのは楽しいステップです。

 

相手を知って、お付き合いが深まる過程で「あれ?ちょっと待って?私、すごく我慢している」なんて、ふと気付くことがあったら、それは二人の関係を見直す機会かも知れません。

 

今回は、彼との関係を見直したいと思った時のチェックポイントをご紹介します。

 

 

関係を見直すポイント1「思いやりか我慢か」

恋愛関係だけでなく、人間関係において相手を思いやる事は大切なこと。

時にはぐっと堪えることが、相手を思いやる事になる場合もあります。

 

自分の感情、本音を堪え過ぎていないか

しかし、相手の意見を尊重するあまり、自分の思いを堪え過ぎていませんか?

我慢して、思いを言えない苦しさが、自分の容量を越えていることを気付かないようにしていませんか?

 

恋愛は一方通行ではうまくいきません。

お互いがお互いを大切に思い合える関係でありたいですね。

関係を見直すポイント2「会話中、相手の反応は?」

相手に対するリアクションには、個性や人間性、そしてその時のメンタルが出ます。

しかし、そのリアクション、特に自分に対する反応の全般が、常に薄くなっているとしたらどうでしょう。

 

それは、相手からの何らかのサインかも知れません。

 

薄いリアクションが続いたら、放置は危険

聞いて欲しいけれど言えないことがある、仕事で悩みがある、一人になりたい、中には理由が見えないものもあるでしょう。

そんな時、あなたはどうしますか?


話を聞いてみるか、相手を労るのか、疑問をぶつけてみるか。

いずれにせよ放置しておくと取り返しがつかなくなります。

 

どうあるべきなのか、あなかがパートナーと「どうありたいか」を伝えることは、二人の関係を作っていく上でとても大切なことです。

 

関係を見直すポイント3「居心地のよさ」

パートナーと二人で過ごすとき、二人で何かをするときに地よさを感じていますか?

恋愛初期特有のドキドキ感の中にも、この人といると安らぐな、という感覚がありますか?


相手といるとき、無条件にどんな感情になるのか。

それは、そのままあなたの心の声です。

 

自分の心に「それはなぜ?」を繰り返そう

もしも心地よさを感じていないならば、それはなぜなのか、心と対話してみてください。

 

思ったことや自分の気持ちを言えずにいるからでしょうか。

それとも、相手の反応や気持ちが、自分に向いていないと感じるからでしょうか。

 

プライドを捨て、まっさらな感情で心と向き直ってみてください。

 

関係を見直すポイント4「彼のいいところ」

彼の良いところをいくつもあげてみましょう。

性格ではなく外見やスペックなどが多かった場合は、彼をアクセサリー代わりとして見ていることが、うまくいかない原因の1つかもしれません。

 

中身を判断できない人とは

恋愛偏差値の低い女性は、中身ではなく男性のステータスを自慢に思いがち。

判断の基準がそこしかないからです。

 

外見や職業で判断するのは誰でも出来る、簡単なこと。

性格面での尊敬ポイントが挙げられない場合、彼への評価軸を考え直してみませんか?

 

おわりに

相手との関係を見直すポイントをお伝えしましたが、いかがでしょうか。


恋愛は二人のものです。二人にしか作れない、二人なりの形があります。

だからこそ、二人で話して考えて、関係を作っていけるとよいですね。