プロ直伝!ダイニングテーブルの選び方。色やサイズ、大きさに悩むときのポイント

ダイニングテーブルの選び方。サイズ・形・材質・色・高さといったポイントを押さえて、お部屋に合うコーディネートを見つけましょう。

執筆者: 林 通子 職業:インテリアコーディネーター
ダイニングテーブルの選び方

こんにちは、インテリアコーディネーターの林通子です。


家族や友人と日々囲む食卓。

そこは、暮らしの中でも、「食べる」と「くつろぐ」という二つの目的を持った、大切な場所です。

 

ダイニングで欠かせないものは、まずはテーブル&椅子です。

 

組み合わせ、バリエーションは様々

一言で「ダイニング用」と言っても、そのスタイルはいろいろ。

しっかりとした高さがあり、きちんと座るもの、低めのテーブルにゆったりと座れる椅子を組み合わせたものなど、バリエーションは様々です。

 

インテリアに合わせて選ぶ際、ダイニングテーブルをメインに決めれば、合わせる椅子は自然と決まってきます。

今回は、これらの選び方にポイントを置き、おしゃれなダイニングを演出する方法をご紹介しましょう。

 

 

ダイニングテーブルの「サイズ」

まずは、部屋の広さ、使用人数を考慮して、テーブルの大きさを決定しましょう。

 

ワンルームでも、家族で過ごすリビングダイニングも、人一人が食事をするのに必要なスペースは、およそ幅60㎝、奥行き40㎝が必要と言われます。

 

二人用なら80㎝×80㎝、四人用なら130㎝×80㎝が目安

それぞれの部屋の広さによって、置けるテーブルの大きさは決まってくると思われますが、二人用なら80㎝×80㎝、四人用なら130㎝×80㎝くらいは欲しいところです。

 

椅子を合わせるなら、テーブルの周りに80㎝幅の空間が必要

テーブルに合わせて椅子を置く場合、座ったり引いたりするために、テーブルの周りに約80㎝幅の空間が必要です。

この空間も考慮して、置けるテーブルのサイズを決めましょう。

 

ダイニングテーブルの「形」
比較的省スペースで済む「長方形」が使いやすい

形は、円形の場合、可愛らしくスタイリッシュですが、テーブル周りのスペースがかなり広く必要となってしまうので、長方形が一番使いやすいでしょう。

 

来客が多いなら、天板を広げられるタイプがオススメ

また、普段は少人数で使い、時には来客などで多くの人で使うことが多いなら、エクステンションやバタフライ形で、天板を広げられるテーブルがお勧めです。

 

ダイニングテーブルの「材質」
適しているのは「木製」のもの

強化ガラスなどのテーブルもありますが、傷や割れなどに気を使うことも多く、食器などとの音も気になるので、木製のものが好ましいでしょう。


傷や痛みに強いウレタン塗装のものが一般的ですが、日頃のお手入れが必要な無垢板のものは、メンテナンスも楽しむつもりで使うと良いですね。

 

 

ダイニングテーブルの「色」

カラー塗装されていないテーブルのカラーは、その材料の木質によって変わってきます。

 

部屋のインテリアに合わせて選ぶ

部屋の広がりが感じられるような、明るめのパインやメープルから、茶色のきれいなチェリー、落ち着いた重厚な感じの、こげ茶に近いウォールナットまで、部屋のインテリアに合わせて、お好みのものを選びましょう。


また、白や黒に塗装されたものは、すっきりとしたモダンな印象に、シャビーな感じに加工されたものなどは、ナチュラルテイストのイメージにピッタリでしょう。

 

 

ダイニングテーブル選びでは、冒険しない方が無難

ただ、ダイニングでテーブルの占める割合はかなり大きいので、あまり冒険的な選び方はしない方が安心です。

買い替えや交換が簡単にできるものではないので、できる限り床や壁などと合わせて、無難な色のものを選ぶ方がよいでしょう。

ダイニングテーブルの「高さ」
どう過ごしたいかで決める

しっかりと座る椅子を合わせる高さのテーブルは、食事をするときはもちろん、パソコンや勉強をしたりする場合に便利でしょう。

 

反対に、低めのテーブルは、晩酌やくつろいで過ごす食事、リラックスタイムに向いています。

 

おしゃれなダイニングを演出する方法
テーブルクロスやテーブルランナーを活用する

こうして選んだテーブルで、メニューによってテーブルコーディネートをしたり、季節ごとの食事を楽しんだりする際には、テーブルクロスやテーブルランナーを使うことをお勧めします。

 

クロスやランナーの生地の質感や色によって、テーブルの印象はかなり変わります。

 

 

インテリアに合わせて簡単に変更できる

アクセント的に使用すると、ダイニングのアレンジが簡単に出来ます。

また、モダンスタイルから北欧スタイルへと、インテリアの好みが変わった場合でも、クロスを変えるだけで気分が変わります。


おしゃべりや食事を楽しむ空間がおしゃれなスペースなら、日々の暮らしはもっと豊かなものになるでしょう。

 

おわりに

以上のポイントを押さえてテーブルを選ぶと、それに合った椅子が決まってきます。

 

子供が生まれたり、家族が増えたりするなど、将来の家族の姿も思い浮かべながら、ベストなテーブル&椅子を見つけてくださいね。

 
 コラムニスト情報
林 通子
性別:女性  |   職業:インテリアコーディネーター

京都・滋賀を中心に稼働中のインテリアコーディネーターです。日々の暮らしを愉しみ、心地よく過ごす・・・そんな空間創りをお手伝いさせていただきます。
ホームページ:interior design LaBlanche (https://www.lablanche.net)

 

 住宅・不動産のコラム

 生活のコラム