勉強しない子供にイライラ!自主的に宿題をさせる3つの方法

宿題をしない子供にイライラ!こんなしつけのストレスを解消し、子供が自分から自主的に宿題をするようになる対処方法をご紹介します。

執筆者: 岡野恵子 職業:現役看護師、カウンセラー
子どもが進んで宿題をするようになる、3つのポイント

こんにちは。看護師&心理カウンセラーの岡野恵子です。

 

子供が宿題をしなくて悩んでいる親御さんは、全国にたくさんいらっしゃいます。

では、どうすれば進んで宿題をする子になるのでしょうか?

 

是非、今から挙げる、たった3つの事を実行してみてください。

 

  1. お母さんのお腹と心を満たしてください。
  2. 「子供は宿題をやらなくて当たり前」と声に出して言ってみてください。
  3. あなたがやりたくない事をすることになった時、どうすればやりたくなるかを想像してみてください。

 

続いて、「本当にこんなことで?」と思ったあなたに、その理由をご説明していきましょう。

 

お母さんのお腹と心を満たす

なかなか宿題をしない我が子にイライラしてしまい、ついに「なんで(宿題)しないの!」って怒鳴ってしまうなんて、よくある事です。
怒鳴ってもどうにもならない事は、お母さんが一番よく知っていますよね。

ここで重要なのは、まずはお母さん自身を満たすということ。

日頃頑張っている自分に、ちゃんとご褒美をあげたり、休ませてあげてください。

 

 

好きな甘いものを食べたり、眠たければ寝たりしましょう。
家事をしたくなければ、やらなくて構いません。
「お友達とランチして、エステに行く」などというのも、良いですね。

 

自分に余裕ができると、子供の事もちゃんと考えられます。

 

宿題をやりたがらないのが普通

そして「子供は宿題をやりたくないもの」という前提を持っておく事が大切です。

「○○君はちゃんと宿題をするのに、うちの子はしない」というように、するのが当たり前になっていると、思い通りにしない我が子にイライラします。

子供は、通常は宿題をしたくないのです。

宿題が面白いものなら別ですが、それよりもゲームや遊びの方が楽しいですよね。

 

自分がやる気になることを、子どもにもやってあげよう

人は自分に「得」や「目的」がないと行動できない

行動分析学でも言われている事ですが、人は自分に得や目的がないと行動に移しません。

子供も同じです。

 

宿題を楽しいものにする、やりたくなる工夫をすることが必要です。

 

 

褒めて、認める。

一番簡単なのは、「褒める」ことです。
行動する為にもう一つ必要な事、それは「認めてあげる」ことです。
人は認められると、勝手に行動します。

例えば、あなたは家事をやりたくないとします。

旦那さんが「いつも美味しいごはんを作ってくれて嬉しい、毎日ありがとう」って言ってくれたら、あなたは「もっと美味しいごはんを作って、旦那さんを喜ばせよう」と思いませんか?

あなたがやる気になる事を、子供にもしてあげてください。

 

それでも宿題をしない場合は?

それでもどうしても宿題をしない場合は、宿題をする目的を考えてみてください。

 

「宿題は学ぶためか?もしくは、きちんとさせる事自体が目的なのか?」

 

先生、子供さんも含めて、一度話をしてみましょう。

宿題をするのは「学ぶため」だとしたら

先生にやる気がどうしても出ない事を伝えて、その子に合った学習方法を先生と親、子供を交えて話をする事です。


その日に宿題が出来ないとしても、その子に合った時間、やり方を工夫して勉強をする。

そうやって皆で考えて子供と向き合う事で、子供さんは勉強とはまだ別の、とても大切な何かを受け取るはずです。

 

怒鳴って宿題をさせる事が、いかに意味が無いかがお分かりですよね。

 

 

おわりに

面白くない宿題を効果的にさせる具体的な方法は、面白くする事です。

面白くない状況でさらに怒られたら、子どもは、ますます宿題をやりたくなくなります。

 

つまり、イライラするより褒める方が近道。

 

「自分がされたらやる気がなくなるかも」

「こんなことされたら嬉しいかも?」

 

この視点を子育てに取り入れてみてくださいね。

 
 コラムニスト情報
岡野恵子
性別:女性  |   現在地:京都  |   職業:現役看護師、カウンセラー

現役ナース&心理カウンセラー。人間関係の悩みやストレス改善、うつ病、不安障害、パニック障害まで幅広いカウンセリングと心理療法を行っています。無意識の感情まで掘り下げて幼少期の問題まで探っていき問題解決に導くゲシュタルト療法、NLP、認知行動療法を駆使しています。お気軽にご相談下さい。
ブログはhttp://ameblo.jp/zenkoutei-keiko/をご覧下さい。
カウンセリングはmameshiba311@yahoo.co.jpまでご連絡お待ちしています。

 

 育児・子育てのコラム

 生活のコラム

 教育・学習のコラム