お金を確実に貯める!「投資アドバイザー」の見つけ方と活用法

お金を増やしてくれる、信用できる「投資アドバイザー」の見つけ方を紹介。資産運用に関わる、銀行や証券会社の窓口担当者やIFA、FP、投資顧問業の違いも解説しています。

執筆者: 荒川雄一 職業:国際フィナンシャルコンサルタント
自分に合った「投資アドバイザー」の見つけ方

こんにちは、国際フィナンシャルコンサルタントの荒川雄一です。

さて、前回、「お金」をしっかりと貯めるためには、金融商品を売る立場ではなく、自分のためだけに、相談に乗ってくれる「投資アドバイザー」が必要という話をしました。


とはいえ、どうやって自分に合った「投資アドバイザー」を見つければよいのでしょうか?

 

資産運用に関わる人たち

資産運用(お金を増やすこと)に関わっている人たちには、様々なタイプ(役割や位置づけ)があります。
まずは、それを理解しておきましょう。

 

「銀行」や「証券会社」の窓口担当者

金融機関で、相談に乗ってくれる人たちは、ファイナンシャルプランナー、投資アドバイザー、資産運用コンシェルジュなど、様々な肩書や名称を使っていますが、基本、その金融機関で扱っている金融商品を売ることが仕事です。

 

したがって、その金融機関で扱っている商品の中で、あなたに合ったものを紹介してくれる可能性はありますが、A証券の担当者が「あなたにはB証券の商品のほうがよいですよ」とは、まず言うことはありません。


彼らは、その金融機関から報酬をもらっている以上、扱っている商品を販売するのが仕事だからです。
従って、完全に中立的な立場でのアドバイスをもらえることは、期待しないほうが良いでしょう。

 

IFA(金融商品仲介業)

「IFA」とは、Independent Financial Advisor(インディペンデント・ファイナンシャル・アドバイザー)の略で、独立した投資アドバイザーのことですが、日本では、金融商品仲介業者のことを指すことが一般的です。

 

名前に、“独立”という言葉が入っていますが、基本どこかの証券会社などに属する必要があるため、その証券会社で扱っている商品を紹介(販売)するのが仕事となります。

 

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事は、ライフプランの作成から、保険の見直し、住宅ローンの組み方など、幅広い分野に及びます。

したがって、お医者さんと同じく「専門分野」を確かめて相談する必要があります。

 

また、FPの資格を持っていても、金融機関に属したり、金融商品仲介業を営んでいるFPは、「完全に中立なアドバイス」はできないのは、前述のとおりです。


なお、FPの行う資産運用アドバイス業務は、金融資産の「配分の決め方」や「商品の組み合わせ方」などのアドバイスが中心となります。

 

投資顧問業

あなたが、具体的に投資する商品の個別銘柄やタイミングなどをアドバイスしてほしい場合は、金融商品取引法に基づいて登録されている「投資助言免許」を取得している法人・個人に相談することになります。


独立しているFPとの違いは、「個別具体的な商品銘柄やタイミングなどのアドバイス」を受けられることです。


ただ、投資顧問業の中には、株式を専門にしている会社もあるので、相談されたい内容が、貯蓄や投資信託などの金融商品による「プラン作り」であれば、FPで尚且つ投資顧問業の免許を取得している人がよいでしょう。

自分に合った投資アドバイザーとは
「話をしっかりと聞いてくれる」「自分と価値観が近い」アドバイザーに相談を

投資に限らず、何のアドバイスを受ける場合も同じですが、やはり「自分の話をしっかりと聞いてくれる人」に相談すべきです。

最初から、「あるべきだ論」を押し付けてくるような人は、避けたほうが良いでしょう。

 

また、アドバイザーにも性格があるので、いろいろな話の中で、自分の価値観と近い人のほうが長く付き合えると思います。

とはいえ、しっかりとした投資や資産運用の知識や情報を持ち、具体的なプランを作れる人に頼むのが大原則です。

 

複数のアドバイザーの話を聞くのがベスト

あなたの大切な「お金」の相談をするのですから、手間や時間、ある程度の費用を惜しまず、できれば、複数のアドバイザーの話を聞くのが良いでしょう。

 

アドバイザーの人柄や考え方が分かる2つの質問

そのとき、是非、こんな質問を、投資アドバイザーに投げかけてみてください。

 

  • 「あなた自身の投資経験や体験談(失敗談)を聞かせてください」
  • 「あなたは、なぜ投資アドバイザーという仕事をされているのですか?」


こんな質問から、そのアドバイザーの人柄や考え方が感じ取ることができるでしょう。

 

 

おわりに

現代社会では、「お金」と一生付き合っていかなければなりません。
欧米の富裕層の間では、「自分が信頼できる優秀な医者と弁護士、そして投資アドバイザーを持つこと」が、ステータスと言われています。


一生お付き合い(相談)できる投資アドバイザーを、あなたも是非、見つけてみてはいかがでしょうか。

 
 コラムニスト情報
荒川雄一
性別:男性  |   職業:国際フィナンシャルコンサルタント

投資顧問会社IFA JAPAN®株式会社ほか、リンクスグループ3社の代表を務める。現在、経営コンサルタントのほか、金融機関に影響を受けない独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)として、国内外の金融商品を用いた「ポートフォリオ・マネジメント・サービス(PMS)®」の評価は高い。
また教育にも力を入れており、講演回数は800回以上。その他、日本経済新聞社、各マネー誌、フジTVなど執筆、出演も多数。

■ライセンス
経済産業省登録 中小企業診断士
国土交通省登録 公認 不動産コンサルティングマスター
日本FP協会認定CFP® 他

■メディア実績(執筆、取材など)
 ・日本経済新聞 、日経ヴェリタス 
 ・納税通信、税理士新聞
 ・富裕層向け雑誌「ミリオネア」「NILE’S NILE」
 ・フジテレビ「とくダネ!」、テレビ朝日「やじうまテレビ!」など

■著書
「海外分散投資入門 ―日本が財政破たんしても生き抜くためのノウハウ―」
(Pan Rolling社)
「海外ファンドのポートフォリオ」(Pan Rolling社)
「着実に年10%儲ける海外分散投資入門」(実業之日本社)
「投資のプロが教える初心者でも失敗しないお金のふやし方」(IFAメディア出版)

 

 お金・資産運用のコラム