飲み会やハイカロリーな外食でダイエットが心配!自炊や手料理が難しい人向けの、外食ダイエットのコツを管理栄養士がご紹介します。

ダイエット中に限って外食や飲み会が続く…

こんにちは、 管理栄養士の高木美穂です。

 

外食は太る!というイメージはないでしょうか?

 

確かに外食は高カロリーで野菜不足になりやすく、ダイエットの大敵かもしれません。

しかし、ちょっとしたポイントを知るだけで、外食をダイエットメニューに変えることができます。

 

 

ダイエット中の外食ポイント1 揚げ物は「野菜」よりも肉や魚介類

野菜は水分が多い分油をたくさん吸収し、高カロリーになります。

そのため天ぷらやフライなどの揚げ物を食べる場合は、かき揚げなどの野菜を食べるよりも、肉や魚介類を食べる方がオススメ。

 

野菜は他のお料理で摂ってくださいね。

 

ダイエット中の外食ポイント2 肉や魚は加工されていないほど良い

肉や魚は加工されていないものほど良質で、脂肪になりにくいです。

肉の場合はウインナー・ハム・ハンバーグよりも、ステーキ・焼き肉。

 

魚介類ならお刺身やお寿司が一番お勧めです。

 

ダイエット中の外食ポイント3 味噌汁やスープで体をポカポカに

冷たいものや、体を冷やす食べ物・飲み物はダイエットの大敵。

冷えは代謝・消化・吸収を悪くするのです。

 

スープやみそ汁を追加して体を温めましょう。

 

ダイエット中の外食ポイント4 小麦製品よりも米を選ぶ

米は小麦粉よりも「腹持ちが良い」「代謝されやすい」「体を冷やさない」という特徴があり、ダイエットに向いている主食です。

 

白米よりも、混ぜご飯や玄米、五穀米、胚芽精米を選ぶとさらに理想的です。

パスタよりもリゾット、パンよりもライス、麺よりも丼物が良いでしょう。

ダイエット中の外食ポイント5 栄養バランスを整えるひと工夫を

栄養バランスが整っていれば、代謝が良くなり痩せやすくなります。

定食やコースは比較的栄養バランスがとれていますが、注意したいのは単品料理。

 

丼物は野菜不足になりがちなので、サラダやみそ汁をプラスする。

麺料理は、様々な具が入っているものを選ぶようにしてみてください。

 

ダイエット中の外食ポイント6 野菜から食べる

食べる順番に気を付けるだけで血糖値をコントロールでき、脂肪の蓄積を抑えることができます。

 

まずは食物繊維の多い「野菜・海藻類・キノコ」。

次にタンパク質の豊富な「肉・魚介類・卵・大豆製品」。

 

最後に糖質の多い「ご飯・パン・麺類・スイーツ」を食べるようにしてみてください。

 

ダイエット中の外食ポイント7 ゆっくりよく噛んで食べる

満腹中枢は食べ始めて20分以上経たないと刺激されません。

また、よく噛むことは満腹中枢を刺激します。

ダイエット中の外食、飲み会を上手に乗り切ろう 

外食ばかりでも、「食べる量」と「栄養バランス」のポイントを押さえればダイエットはできます。

美味しく食べて綺麗に痩せて、いざという時に備えたいですね。

このコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

ダイエット / 食事療法
LATTE BEAUTYに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ