しみ、しわ、毛穴の開きなどアンチエイジング対策に人気の「イオン導入美顔器」。選び方や効果的な使い方、おすすめ化粧水成分などを紹介。

高い美肌効果が期待できる!「イオン導入美顔器」のすすめ

こんにちは、スキンケアカウンセラーの松原好克と申します。


近年は、化学の進歩により、質の高い化粧品が開発されるようになりましたが、ワンランク上のスキンケアを実践したいと思われる人は、美容家電を取り入れてみるのも選択肢の1つです。

今回は、高い美肌効果が期待できる「イオン導入美顔器」をご紹介します。

 

 

イオン導入美顔器の使い方

主に、ビタミンC誘導体という美容成分を、微弱電流によって皮膚内部に浸透しやすくする美顔器で、効果は普通に塗布した場合の数十倍になると言われています。

 

「ビタミンC誘導体を含ませたコットンやマスクを肌に乗せ、その上から導入器を押し当てる」という方法が、主流になっているようです。

 

イオン導入できない美容成分も

× ヒアルロン酸 や セラミド(分子が大きいため浸透しない)

ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分で試す人がおられますが、これは無意味です。

化粧品成分のほとんどは、分子が大きいため、角質層より奥に浸透することはありません。


イオン導入美顔器は、角質層より奥の皮膚層に成分を届けることで効果を発揮しますので、分子が小さいビタミンC誘導体が適しているというわけですね。

 

 

× ビタミンA(水に溶けにくく、肌への刺激リスクあり)

ビタミンA(レチノール)も浸透し易いのですが、油溶性成分のため、イオン導入には相応しくありません。
なぜなら、水に溶けにくい成分は、通電を妨げるからです。


同時に、ビタミンA系の成分は、肌への刺激のリスクも伴うため、故意に浸透させないほうが良いでしょう。

 

イオン導入に最適な成分・化粧品とは?
「水溶性」ビタミンC誘導体が入った化粧品を使用するのがポイント!

ビタミンC誘導体も多数ありますが、油溶性ビタミンC誘導体ではなく、水溶性ビタミンC誘導体が入った化粧品を使用することがポイントです。

 

  • 油溶性ビタミンC誘導体

パルミチン酸アスコルビル・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、など。

 

  • 水溶性ビタミンC誘導体

リン酸アスコルビルMg・アスコルビルリン酸Na・アスコルビン酸グルコシド、など。

 

 

電気の通りやすさを考えるなら、化粧水やローションがおすすめ

また、美容液やクリームのようなテクスチャーが重いアイテムよりも、化粧水やローションのような水っぽいアイテムのほうが、電気の通りがスムーズです。

 

「ナイアシンアミド」「プラセンタエキス」も、イオン導入可能!

ビタミンC誘導体以外でイオン導入を試みるならば、低刺激で穏やかなエイジングケアに定評のある「ナイアシンアミド」という美容成分をお勧めします。


また、「プラセンタエキス」も良いでしょう。

ビタミンC誘導体を使用した場合の効果は?

使用中は、ほぼ無感覚に近いため実感が湧きませんが、継続して使用することで、以下のような効果が見込まれます。

  • 紫外線によるシミの増産を防ぐ
  • 小ジワに働きかける
  • 毛穴の開きにアプローチする
  • コラーゲンとの関係を深める

 

イオン導入美顔器の選び方
シンプルで使い勝手の良いものが◎

イオン導入美顔器は、安価なものだと2,000円代から購入でき、美容家電の中でも比較的お手頃です。

家庭用でしたら、シンプルで使い勝手の良いものを選びましょう。

 

価格の目安は、5,000円~10,000円

ただし、あまりにも安すぎるものは、浸透威力が弱かったり、故障しやすかったりすることも考えられますので、5,000円~10,000円程度のものを選ぶのが無難です。

 

目元にも対応できるものを

また、肌の老化が顕著に現れ易い、目元にもしっかり対応できるものがベターです。

 

ローションやマスクがセットになっている場合も

且つ、ビタミンC誘導体入りローションやマスクが付属セットになっているものだと、言うことありませんね。

 

おわりに

使用頻度の目安は、週に1回~2回です。

ピーリング化粧品(ホームピーリング)と併用すること、相乗効果が得られます。

 

乾燥肌や敏感肌の人は、最初から本格的に行うのではなく、短時間から様子を見ながら慎重に始めましょう。

このコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

スキンケア / 健康・医療
LATTE BEAUTYに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ