お金を増やすための考え方「行動ファイナンス理論」とは?前編 (1/2)

行動ファイナンス理論の代表的な考え方「プロスペクト理論」。「人間は常に、合理的に行動するとは限らない」という前提で、投資家が陥りやすい心理を解説します。

執筆者: 荒川雄一 職業:国際フィナンシャルコンサルタント
お金を増やすために知っておきたい「行動ファイナンス理論」(前半)

こんにちは、国際フィナンシャルコンサルタントの荒川雄一です。

 

さて、今回は「投資」を心理面から考えてみましょう。

常日頃、私は、「投資とは、ある種の心理ゲームである」と考えています。
それを理論的に説明するために、“行動ファイナンス理論”をご紹介したいと思います。

 

 

投資行動を規定するのは、人間の心理

あなたは、“行動ファイナンス”という言葉をご存知ですか?

初めて耳にする方、または「聞いたことはあるが、意味はよくわからない」といった方もいらっしゃることでしょう。

 

代表的な考え方「プロスペクト理論」

行動ファイナンス理論で代表的な考え方が、2002年のノーベル経済学賞を受賞したプリンストン大学のダニエル・カーネマン博士とエイモス・トヴェルスキー博士が提唱した「プロスペクト理論」といえます。

 

人間は必ずしも合理的には行動しない

それは、行動ファイナンスとは、「人間は常に、合理的に行動するとは限らない」という前提で、経済や金融市場の動きを考えていくべきだというものです。

それまでの経済理論においては、「人間は利益の追求のみを目的として、常に合理的に行動する」とされてきました。

 

「バブル」を生み出したのは、非合理的な投資家の感情

しかしながら、実際の「投資の世界」においては、全く違った動きを繰り返してきた過去の歴史があります。

その典型的な例が、株式市場などに見られる「バブル」です。

後になって振り返ってみれば、バブルに巻き込まれていった投資家の行動が、いかに合理的でなかったか、逆にいえば、いかに感情的に行われていたかが分かります。

人間自体が「感情の生き物」であるため、投資の世界においても、その意思決定を行う投資家の感情によって、様々なことが左右されてきたということなのです。

 

 

あなたならどう感じる?「50万円儲かる」と「50万円損する」

それでは、具体的に一つの例で考えてみたいと思います。

 

もしあなたが、いま、100万円の投資を行ったとします。

 

「50万円利益を上げた」ときの“喜び” と 「50万円損失を被った」ときの“悲しみ”。

果たして同じ“感情の度合”だといえるでしょうか?

 

具体的に、想像してみてください。

 

プロスペクト理論の示す投資家の本能
利益を上げた喜びより、損したショックの方が大きい!

たぶん、多くの人が、「50万円儲かった感情(嬉しさ)」よりも、「50万円損した感情(悲しみ)」のほうが大きく感じるのではないかと思います。


合理的に考えれば、50万円の利益と損失は同じ金額ですが、人間の感情は、金額に正比例するわけではありません。

 

金額が大きくなるにつれて、損したときの悔しさの方が大きくなる

損失の割合が大きくなるにつれて、「損失から受ける悲しみ」の方が強く感じる傾向があるのです。

先程の例で、利益も損失も仮に1万円だったとしたら、「感情の差」は、ほとんどないはずです。
元本の半分にあたる50万円ほど、金額が大きくないからです。

 コラムニスト情報
荒川雄一
性別:男性  |   職業:国際フィナンシャルコンサルタント

投資顧問会社IFA JAPAN®株式会社ほか、リンクスグループ3社の代表を務める。現在、経営コンサルタントのほか、金融機関に影響を受けない独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)として、国内外の金融商品を用いた「ポートフォリオ・マネジメント・サービス(PMS)®」の評価は高い。
また教育にも力を入れており、講演回数は800回以上。その他、日本経済新聞社、各マネー誌、フジTVなど執筆、出演も多数。

■ライセンス
経済産業省登録 中小企業診断士
国土交通省登録 公認 不動産コンサルティングマスター
日本FP協会認定CFP® 他

■メディア実績(執筆、取材など)
 ・日本経済新聞 、日経ヴェリタス 
 ・納税通信、税理士新聞
 ・富裕層向け雑誌「ミリオネア」「NILE’S NILE」
 ・フジテレビ「とくダネ!」、テレビ朝日「やじうまテレビ!」など

■著書
「海外分散投資入門 ―日本が財政破たんしても生き抜くためのノウハウ―」
(Pan Rolling社)
「海外ファンドのポートフォリオ」(Pan Rolling社)
「着実に年10%儲ける海外分散投資入門」(実業之日本社)
「投資のプロが教える初心者でも失敗しないお金のふやし方」(IFAメディア出版)