プロが教える!結婚式の招待状、書き方と返信マナー例文

結婚式の招待状の返信のマナー。返信はがきの基本的な書き方、身内の不幸と重なってしまった場合の対応、欠席方法など例文つきで解説。

執筆者: 矢野 誉美 職業:マナー・プロトコール講師・ホテリエ
結婚式招待状の返信マナー

こんにちは。マナープロトコール講師の矢野誉美です。

 

大切な親友の結婚式へ参列することは、なんと嬉しい事でしょう。

今回は、結婚式招待状の返信マナーについて、ご紹介したいと思います。

 

 

招待状を受け取ったら?
返信は1週間以内に

基本的には、招待状を受け取ったら、遅くとも1週間以内に出欠の返事を出しましょう。

 

招待者側は、返信はがきを見て、披露宴の出席の人数を把握し、座席の位置や料理、引き出物などの手配をする事になります。

式の準備を円滑に進める為にも、出来るだけ早めに返信をしましょう。

 

欠席する場合は

ただし、諸事情でどうしても欠席になってしまう場合は、相手の気持ちへ配慮し、少し遅めに出しても問題ありません。

 

また、簡単でよいので欠席の理由を書き添えると、気持ちが伝わり、その後の付き合いもスムーズに行きます。
欠席の場合は、当日までに会場に届くように、お祝いの電報を手配しておくと喜ばれるでしょう。

 

 

返信は、必ず同封のはがきで!メールや電話で返事するのはNG

今の時代はメールでのやり取りが主流となっていますが、返信は必ず同封されている返信用のはがきを使いましょう。

たとえ仲の良い友人であっても、メールでの返信や電話での口頭の返事も避け、正式な儀礼はきちんと書面でやりとりをするのがマナーです。

万が一身内の不幸と重なってしまったら

両親や子どもの場合は、四十九日の忌明けまで、祖父母、兄弟姉妹なら初七日までは出席を控えます。
結婚式の出席の返信を出した後にこのような場合になったら、出来るだけ早く電話か速達で招待者側に知らせるようにしましょう。


法事(○○回忌)の場合は、忌み事とは考えないので、主催者でなければ披露宴に出席しても構いません。
代理出席を立てることになった場合も、必ず事前に招待者側に知らせておきましょう。

返信はがきの一般的な書き方

招待状の返信はがきには、ある程度定められた通例があります。

裏面

 

「御出席・御欠席」の出席または欠席の部分を丸で囲み、「御」の字は2重線で消します。
「御芳名」は「芳名」の「芳」を消すことも忘れずに。
余白にお祝いの言葉、欠席の場合は簡単な理由を書き添えます。

※欠席時の理由の書き方については、後で詳しくご説明しますので、そちらをご参照ください。

 

表書き

宛名の敬称を、必ず「様」に書き換えます。

 

 

欠席する場合の書き方

先に、お祝いの言葉を伝えてから、欠席の理由を書き添えます。

 

例文

ご結婚おめでとうございます。

お二人の晴れの席にお招きを頂きましたが、あいにく当日は所用の為、残念ながら欠席させて頂きます。

 

ご結婚おめでとうございます。

せっかくお招きを頂きましたが、やむを得ない事情により欠席させて頂きます。

お二人の晴れのお席に出席できず大変残念です。

 

欠席時例文のタブー

欠席の理由として「多忙により」と書くのは先方に失礼になり、マナー違反になります。

十分注意するようにしましょう。

 

理由を明記するべきか悩む場合には「所用の為」と、言葉を濁す書き方を選んでおけば問題ありません。

おわりに

招待状の返信ひとつでも、相手への心配りを忘れないようにしましょう。

結婚式は、人生の中でも大切な慶事です。

 

お祝いごとの出だしから水を差すような不手際をしないよう、大人のマナーを身に着けておきましょう。

 
 コラムニスト情報
矢野 誉美
性別:女性  |   職業:マナー・プロトコール講師・ホテリエ

外見だけでなく、内面も同時に磨けたら。
マナーとは敷居の高いものではなく、産まれてから今日に至るまで日々、家庭の中で育まれてきたものです。

『人』とのコミュニケーションの基礎になるマナーの本質をしっかりと身に着けて頂くために、親から子へ・・・引き継がれるべきマナーについて、優しく、そして自分自身のブラッシュアップの為のマナーセミナーを開講しています。

マナーを軸として『サロン(仕事)に活かす』『ライフスタイル(生活)に活かす』という2面からフォーカスした楽しく吸収できる知識をお伝えしています。
接客業20年のキャリアから、『リピーターを作る』に特化した接客メソッドを確立。現役でホテリエを続けながら、サロネーゼ向けのマナーレッスンを銀座にて開講。

顧客満足=スタッフ満足=わたし、満足 をゴールとして、サロン・クリニックに特化した接遇マナーレッスンも大好評

マナーレッスンの詳細はこちらをご覧ください。
『トータル・マナー・メソッド』 http://ameblo.jp/kidsinlife/