こんにちは。随分寒くなってきましたね。

皆様いかがお過ごしでしょうか。
半袖やタンクトップなど薄手の服をこよなく愛する私にとっては辛い時期です。

冬ってどうしてもお洒落欲が低迷してしまいます。

なぜって、“防寒”という機能を追い求めた服を買うことにどうしても私は抵抗があるわけです。


しかしこのままではいかん、ということでクローゼットをひっくり返して手持ちの服で

可能な限りのお洒落してみよう、と意気込んでみました。

ところが、驚くほど着られる、いや、着たい服がない。

 

そう、私今年社会人になって服の趣味がやや変わってしまったようです。

自分の趣味趣向は永遠に変わることはなかろう、と底知れぬ自信があったのに。

やはり時と共に変化してしまうのですね。(ちょっとセンチメンタル。)

学生時代はブランドやデザイン性に飛びつき、

もはや値段なんて気にすることなく買いあさっておりました。

 

嗚呼、若さってすごいわ。

 

でもね、仕事を通して洋服の着心地、素材、の重要性を知り

お買い物に慎重になってきたのでしょうね。とても良かったと思っています。

高い=デザイン、品質最高クラスという考えを悔い改めました。大きな進歩!


 そこで私なりのスタンダードをそろそろ確立していこうと計画しています。

確立しすぎるとお洒落の幅を狭めかねないので、ある程度ざっくりと、ね。

時間をかけてアップデートしていきたいです。

そして今年買い足したものもちょっぴりご紹介してみようかと思っています。

 

白いコットンワンピース

 

クローゼットの中でも今でも着たいと思わせてくれたのが白いワンピース。

形が少し違う物で何枚か持っています。素材もシルクやコットンなど様々。

繊細なレースを使ったものや形がほどよく身体にフィットするものなどです。

まさにド直球のガーリー服ですね。

とにかく着た時の解放感、そしてコーディネートのしやすさ、

他のアイテムを邪魔しないナチュラルさがたまらなく好きです。

 

 

今年もコットンワンピース購入しました。コットン100%で着心地が抜群です。

さらにお家でお洗濯可というのが嬉しいです。

 

お手入れ方法も今後お買いものする時の大事なジャッジポイントにしたいですね。

長く、美しく着続けたいですからね。LyricisMで購入しました。

これにfifi chachnilのモヘヤカーディガンを羽織るのが好きです。

セーターを上から着るのも良し。レッグウェアで個性を出すのものまた良し。

 

丸襟ブラウス

 

これも長生きアイテム。Agnes b.のもの。

 

 

比較的襟が浅くて控えめなところが好きです。

こちらもコットン100%でお家でのお手入れも可。どんなシーズンでも、お洋服でもけこんでくれます。

ニットの下、スウェットの下、一枚でも存在感を放ってくれるからついつい頼ってしまうアイテムです。

 

スウェット

 

長生きアイテムにスウェットもありました。今年はとくに流行っているのでトレンド感もあって尚良し。

ニットみたいにちくちくしないのが私を虜にする原因の一つかも。

 

 

一昔前はスポーツ用や寝巻用としての役目でしかなかったのに

今やスタイリッシュに変化を遂げ、洒落たデザインのもので溢れていますね。

私はダボっとしたオーバーサイジングのものも好きですが

タイトなシルエットのものも大好き。中に丸襟のシャツを着てそっと襟を出すの。

(もちろんAgnes b.のね。)

 

写真のは左上から時計まわりに、

karen walkerwanderclad etc...Rachel antonoff、wanderclad etc...です。

ちなみにwandeclad etc...というブランドを知ったのは去年。

“襟のついたお洋服が好きな人、そして旅に出るのが好きな人をイメージしてスタートしたブランド”と知って、

それって私のことだ!と勝手に運命を感じ何点か購入するに至りました。

 

デニム

 

この数カ月着る服に悩みに悩み出た結論がここ。

上にあげた服のどれにも合うボトムスって?と考えるとこれしかないです。

 

 

A.P.C.のものです。白いステッチに引き寄せられいざ試着。

程よく効いたストレッチにすっきりとしてシルエット。もうこの子だわ!ってビビビと感じ購入。

デニムってとても奥の深いアイテムでまだまだ勉強不足ですが、とりあえずこの子を履きこんでいきたいです。

 

どうでしょうか。

きっとこれからもあーでもないこーでもないと自分のワードローブに苦心することは予想されます。笑 

しかしそうやって試行錯誤することもある意味お洒落の楽しみでもあるわけです。

次回は小物について語っていきたいと思います。  

 

AKKO

Tagブランド・ショップ・メーカー関連タグ

この記事を書いたコラムニスト

関連コラム

NEW Column