結婚を意識させる方法は「夏デート」にあり!早くプロポーズしてほしい女子必見♡

夏デートで彼氏に結婚を意識させる!今の恋人と結婚したいなら、カレと遊びに行く中で「プロポーズさせる」言動をしてみて。

執筆者: 雪見かおる 職業:ライター/コラムニスト
こんな簡単なことでいいの!?

今年の夏の予定はもう立てましたか?

夏は山、海、夏祭り、花火大会と、恋が盛り上がるイベントが盛りだくさんですよね。

どこかウキウキする夏気分なので、恋人と一緒ならひと夏の楽しい思い出になりそう。

相手との結婚を視野に入れて付き合っているなら、デートの様子から「やっぱりこの人と結婚したい!」という気持ちが、なお強くなることも少なくないと思います。

 

今回は、楽しい夏デートから恋人の結婚意欲を促す方法について挙げてみました。

 

我慢してまで頑張ってデートをしない

行き先が山や海だと、行き先が遠出であることから、ちょっとした旅行気分になることが多いと思います。

でも、遠出デートは目的地にたどり着くだけでも体力を消耗してしまうもの。

そんな時に疲れている自分を押し殺して、ついデートを頑張ってしまう男女って多いのでは?

 

遠慮がちなカップルを脱却!

「ごめん、ちょっと疲れたから休憩してもいい?」と、ひと言でも言えることで、相手への遠慮が減って少しずつ気兼ねない恋人になれるはずです。

大好きな恋人とのデートなので、相手を意識してしまうのは仕方ないでしょう。

しかしここで我慢してしまうと、逆にデート内の雰囲気がちぐはぐになってしまいかねません。


ふたりの仲をより確かなものにするためにも、夏デートをきっかけに壁を取り払い、距離を縮めてみてくださいね。

 

 

不満をうまく紛らわせてあげよう

山や海はもちろん、花火大会や夏祭りは、目的地や会場に行きつくまでに混雑していることが多いもの。

夏の暑さと相成って、ついイライラしてしまうことも多いですよね。

 

というのも、相手が居心地のいい環境をどう作ってあげられるのかは、結婚後の生活にも大きく影響してきそうです。

 

相手をフォローする機会は、今後多く出てくる

例えば車内で「眠くなった時は運転代わるからね」「気晴らしに山手線ゲームでもしようか?」と、相手を気遣って話題を投げたり、相手の気持ちに寄り添ってあげるとか。


コンディションが悪い時でも、それをどうフォローできるのかということは、幸せな結婚生活を送るうえで大事なポイントになってくるはず。

ストレートに不満を口にするのは避けて、あなたなりの工夫で、相手のイライラやご機嫌斜めな様子を取り除いてあげてください。

 

 

前向きにデートを楽しむ女の子が、やっぱり1番!

付き合っている相手が本当にデートを楽しんでくれているのか、つい気になってしまう人も多いのでは?
ふたりで一緒に居て楽しかどうかって、相性を図るうえでも大切なポイントですよね。

デートを盛り上げるには、楽しいこと嬉しいことといった、プラスの感情を積極的に言葉に出すことです。
「みて、あの花火すごいキレー!」「やっぱり山は空気がキレイだなあ」といったように、それが本心なら恋人にも必ず伝わるもの。

こうした素直で明るい雰囲気に相手が惚れて、前向きに相手との結婚を考えるかもしれません。

 

 

おわりに

これらのポイントをデート中に意識するだけでも、相手に映る印象がガラリと変わるはず。


そうした意識のできるあなたに、相手も惹かれて結婚意欲が促されるのではないでしょうか。

 
 コラムニスト情報
雪見かおる
職業:ライター/コラムニスト

はじめまして。
Webメディアのニュース記事を執筆しています、雪見かおるです。

小さいころに男女のあり方について疑問を抱いて以来、「性別ってなんだろう?」「人を好きになることってどういうこと?」と、あれこれ思いを巡らせてました。

真面目に考えると頭がパンクするので、適度にゆる〜く世の中のまかり通っている恋愛、ジェンダー論について検証していきたいと思います。

よろしくお願いします。

ブログ:http://airbook431.blog.fc2.com/