太ももとふくらはぎ、お尻痩せの効果が高い入浴ストレッチのやり方を解説。血行が良くなるほか骨盤のズレも解消され、ぽっこりお腹も治るかも!

 

お風呂で「正座」が健康にイイって本当?

最近の住宅事情からも、正座をする機会はほとんどないかと思います。

正しい姿勢と適度な時間で正座をすると、様々な健康効果が得られるということは、昔から実証済み。

 

しかし、大人になって試しに正座をしてみると、体重が下に掛かり、太ももや足が大変つらいのではないでしょうか。

普通に正座を行っても勿論良いのですが、血行が促進される入浴中に行うことで、相乗効果が得られるのです。

 

 

 

入浴の健康効果はもちろん◎!

入浴で血管が広がり血行が良くなると、老廃物や疲労物質が取り除かれやすくなる、浮力作用による神経のリラックス効果など、様々な嬉しい効果が期待できます。

 

昼間の疲れや冷えなどが解消され、上質な眠りへ導いてくれることにも繋がるため、ぜひバスタブに浸かる習慣を取り入れたいもの。

 

お風呂の中で何してる?

バスタブに浸かる間、せっかくですからダイエット効果や健康促進効果のある軽ストレッチを取り入れてみませんか?

お風呂の中で、リラックス状態で行うストレッチには健康と美容効果が期待できます。

 

 

入浴中の正座で下半身痩せ効果!

中でも最近人気なのが、1~3分間程度の入浴正座。

ストレッチ効果による脚のむくみ解消、筋肉ほぐしなどの効果により、足痩せ効果が実感できると評判なのです。

 

また、正しい正座は骨盤の位置を正しく留め、内臓の働きを正常化するため、便秘解消や下腹引き締め効果も期待できます。

下半身痩せに持ってこいですね。

 

通常の正座だと膝や足が痛いという方も、浮力の力を借りれば簡単。

今夜からさっそく取り入れてみませんか?

 

入浴中の正座のやり方
両膝と両かかとをくっつける

バスタブの中で膝立ちになったら、両膝と両かかとをぴたっとくっつけましょう。

 

ゆっくり腰を下ろします

そのまま腰を下ろし、かかとの上にきちんとお尻が乗るように正座をします。

顎を引き、背筋を伸ばしましょう。

 

そのままキープ!

その体勢で1~3分ほど正座をキープします。

姿勢を崩さないように。

このコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

美容 / 健康管理
LATTE BEAUTYに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ