翌朝、顔がむくみやすくなるNG行動!顔がむくむ人はチェックしてみて。

翌日顔がむくむNG習慣とは。前の日に、アルコールを飲んだせい?むくみの原因とメカニズムや、予防に効果的な栄養素・食材を紹介。

執筆者: マダムNORIKO 職業:姿勢インストラクター・美顔率インストラクター・耳つぼジュエラー
翌日、顔がむくみやすくなるNG習慣

朝起きて鏡を見たとき、顔がむくんでいると最悪な気持ちになりますね。

 

マッサージしてみたり叩いてみたりと様々なことをしても今一つ。

そんな気持ちを抑えながらお出かけした経験、誰でもあるのではないでしょうか。

 

今回は、翌日に顔がむくみやすくなるNG習慣をご紹介します。

 

お顔のむくみって?

“むくみ”は漢字で書くと”浮腫み“です。

読んで字のごとく腫れぼったくお肌が浮いているような状態を言います。

 

余分な水分がお肌の内側に留まっている状態

では、なぜ顔がむくむのでしょう。

それは、余分な水分がお肌の内側に留まっている状態になるからです。

 

リンパや血液の流れが悪くなっているのが原因

いつもなら不要なものを流してくれているリンパや血液の流れが悪くなっていると、腫れぼったくむくんだ状態になってしまうのです。

 

夏は特に要注意!

それなら夏は汗をたくさんかくから大丈夫と考えがちですが、実は逆なのです。

湿度が高く、お肌から水分が蒸発しづらい状態のため、余分な水分が体に滞りやすくなってしまいます。

 

 

お酒はほどほどに。
血管が拡がって、水分が滞りやすくなる

皆さん、経験済みのことと思いますが、前日にアルコールを摂取するとむくみやすくなるのです。

これはアルコールの摂取により血液中のアルコール濃度が高くなり、血管が拡がります。

 

広くなった血管では血液の流れがゆっくりになり、その結果すぐに排出してくれるはずの水分が滞り、結果むくんでしまいます。
アルコールはほどほどにした方が良さそうですね。

 

これも大概、お昼ごろには落ち着いてくれるでしょう。

 

 

塩分も控えめに。

塩分は体にとって大切な成分です。

特に熱中症予防対策には、塩分は必要不可欠なものです。

 

塩分を摂り過ぎは、水分の摂り過ぎにつながる

ですが、体液の塩分濃度は決まっていて、必要以上の塩分を摂り過ぎると体内の濃度をコントロールしようと体は水分を欲するのです。

 

しょっぱいものを食べた後、やたらとのどが渇いた経験ありますよね。

だからと言ってガブガブ大量に水を飲むと、必要以上の水分摂取になり、体に余分な水分が蓄えられてむくみの原因となります。

 

「ビール×しょっぱいおつまみ×ラーメン」は、絶対NG!

つまり、ビール片手にしょっぱいおつまみ、〆にはラーメンというのは「むくんでください」と言っているようなものですので、気をつけたいですね。

 

 

その他の原因

この他にむくみやすい原因としては、次のような事も考えられます。

 

  • 寝不足
  • 運動不足
  • ストレス
  • 顔を下にして寝ていた

 

ただし、これらの原因が考えられず頻繁にむくむような場合は、何か病気が潜んでいることもあります。

一度受診してみましょう。

むくみ予防に効果的なのは?
カリウム・クエン酸・ビタミンEを摂ること。

むくみの予防に大切なのは「食生活」です。

 

効果的な食べ物は、カリウム・クエン酸・ビタミンEを多く含む食べ物です。

カリウムには、むくみの大敵である塩分を体の外に排出してくれる作用があります。

 

カリウムを多く含んでいる食品
  • じゃがいも
  • さつまいも
  • きのこ類
  • ほうれん草
  • 玄米
  • ナッツ
  • バナナ、など

 

やはり、食生活はとても重要なのです。

 

おわりに

むくみのないすっきりとした顔、理想の朝ですね。

 

ちょっとしたことで防ぐことが出来そうです。

今日から早速やってみましょう。

 
 コラムニスト情報
マダムNORIKO
性別:女性  |   職業:姿勢インストラクター・美顔率インストラクター・耳つぼジュエラー

姿勢インストラクター・美顔率インストラクター・耳つぼジュエラー
美容に関することが大好きで色々と資格を取っております。自分自身で体験して効果の実感できたことをたくさんの方にお伝えできることがとても楽しい時間です。
食べることも大好きなのでグルメ情報も発信していきたいと思っております。
よろしくお願いいたします。

 

 健康・医療のコラム

 美容のコラム