”結婚の決め手”はこの3項目!カレと結婚したい女性が学んでおきたいこと。

大好きな彼氏には「結婚するならお前しかいない」と思われたい!決め手となるポイントとは?女子力というよりも人間力が大切ですね。

執筆者: 雪見かおる 職業:ライター/コラムニスト
「結婚するならお前しかいない」と言われたい!

相手との結婚を決める際は、何かしらのきっかけがあるように思います。


一般的には付き合いが長くなれば、お互いに結婚を意識し、相手のことを知っていくうちに「この人なら」という決意が得られて、結婚に至る流れが多いかもしれませんね。

このように、そうした日々の積み重ねのなかで、相手に対する思いが高まっていくことも決して少なくないはず。
今回は、そんな結婚のきっかけになるような、恋人の結婚意欲を高める方法がないか考えてみました。

 

 

口約束でも約束をきちんと果たすこと

例えば「映画公開したら一緒に見に行こうね」という約束を、恋人がちゃんと覚えてくれているのって、とても嬉しいですよね。
これは、単に「相手の記憶力がいいから」という問題ではなく、それだけ「自分のことを想ってくれているから」と感じられるからだと思います。

例え口約束だとしても、約束を果たそうとする行動は、それだけ相手を一途に思って、誠実に付き合おうという気持ちが見えるものです。


交際時にちょっと意識できると、あなたの気持ちが相手にもしっかりと伝わるかもしれません。

 

 

前向き、励まし合える存在であること

「結婚するならお前以外、考えられない!」という風になるには、ふたりの関係が唯一無二になることが大事だと思います。

そうなるためには、お互いを信頼し、ふたりの絆をしっかりと深めることが欠かせませんよね。

 

「一緒にいて楽しい」は当たり前!

相手と付き合っていて楽しい気分になるのは、恋であればある意味当たり前なこと。

 

ですが、例えば仕事のツラさを分かってくれるとか、プライベートの悩みをしっかりと受け止めてくれるとか、相手と一緒に居て前向きな気持ちになれる、励まされるといったポイントは、誰にでもできることではありません。

結婚したら自分の生活だけではなく、相手と家族のことを考えていかなければいけません。
相手のことを支えてあげられる異性を目指すことで、相手もその気持ちが有難いと感じるのではないでしょうか。

 

 

家庭のことも出来るようになること

昔から「男性を落とすなら胃袋をつかめ」といった言い方がされますよね。


恋人が家庭的なご飯を作ってくれたり、病気等で寝込んだ時に面倒を看てくれるのは、特に独り身にとってやはり嬉しいことです。

これは男性に限らず、女性も同じですよね。


面倒を通じて相手の愛情を感じるからでしょうか。

 

家庭のことも出来る人が選ばれる

最近はひとり暮らしが長い男性も多く、自炊する男性も少なくありません。
反対に、女性なのに自炊が苦手という人も珍しくないようです。

 

付き合うだけであれば、家事や貯金は出来なくても構わないかもしれません。

ですが、家事や貯金、人生設計が出来ない人と、一生を共にすることは出来ませんよね。

 

男女ともに家事力を上げて、将来家事育児を協力してやっていける人になれると、相手も結婚を前向きに考えられるかもしれませんね。

 

 

おわりに

いずれも細かいポイントですが、こうしたことが積み重なって、相手の気持ちは少しずつあなたに寄せられていくのかもしれません。

 

男性女性にかかわらず、これらのことを心がけていれば人間力が高まり、あなたの魅力はますますアップすることでしょう。

 コラムニスト情報
雪見かおる
職業:ライター/コラムニスト

はじめまして。
Webメディアのニュース記事を執筆しています、雪見かおるです。

小さいころに男女のあり方について疑問を抱いて以来、「性別ってなんだろう?」「人を好きになることってどういうこと?」と、あれこれ思いを巡らせてました。

真面目に考えると頭がパンクするので、適度にゆる〜く世の中のまかり通っている恋愛、ジェンダー論について検証していきたいと思います。

よろしくお願いします。

ブログ:http://airbook431.blog.fc2.com/