健康的な心と身体を作る「食育」とは?ダイエットや栄養バランスを気にする人へ。

「食育」の定義や国としての取り組み(食育基本法)、食の大切さを子どもに伝えるやり方を紹介。乱れた食生活を表す「こ食」にも注意しましょう。

執筆者: 中根 千恵 職業:眼科検査技師/サービス介助士/食育インストラクター/メイクセラピスト/Webライター、コラムニスト
なぜ今「食育」が必要なの?

こんにちは、食育インストラクターの中根千恵です。

 

最近は様々な食品が簡単に手に入るようになりました。

ですが、添加物のリスクや、身体にとって何が大切な栄養素なのかなど、大人でも正確に答えることができない人が増えています。

 

そこで今回は、なぜ今「食育(しょくいく)」が必要なのか、その理由と実践方法をお伝えしたいと思います。

 

 

そもそも「食育」とは?
日本の食育の方向性を示す「食育基本法」

日本の食育の方向性を示す「食育基本法」が、平成17年に施行されました。

 

この法律ができた背景には、私たちにとって毎日欠かせない「食」をめぐる様々な問題が起きていることが挙げられます。

社会問題化してきたので、国としても放置すべきではないと考え、食育を強力に推進することにしたのです。

 

では、食育基本法の中では、「食育」をどのように位置づけているのか、見てみましょう。

 

前文より一部抜粋
子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要である。
今、改めて食育を、生きることの基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けるとともに、様々な経験を通じて「食」に関する知識と、「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推奨することが求められている。

 

つまり、食育とは次のように定義されています。

 

  • 生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの
  • 様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること

 

私たちの心も身体も「食」の上に成り立っているというわけですね。

 

食育基本法の7つの理念

食育基本法の基本理念は、以下のように定められています。

 

  1. 心身の健康増進と豊かな人間形成
  2. 食に関する感謝の念と理解
  3. 食育推進運動の展開
  4. 子どもの食育における保護者、教育関係者等の役割
  5. 食に関する体験活動と食育推進活動の実践
  6. 伝統的食文化への配慮、農山漁村の活性化と食糧自給率への貢献
  7. 食品の安全性確保等における食育の役割

 

これらが全て連携して「食育」の基本理念となります。

 

「食育」を子供たちに伝える実践方法とは?
まず「大人」が食に関心を持つこと!
  • 子供を連れてスーパーに買い物に行き、様々な食材があることを見せる
  • 新鮮な食材の選出方法を教える
  • 季節の野菜、旬の野菜を教える
  • 料理を一緒に作る
  • 食品添加物や調味料について教える
  • 食事のマナーは学童の時期までに教える
  • 食べ物に感謝する気持ちを教える
  • 農家、漁業などの仕事を教える

 

「教える」ばかりですが、教えるためには親がこれらを熟知しなければ伝えることはできません。

ですので、まず大人が食生活に興味を持つことが大切です。

 

食を育む ~食育の3本の柱~

これらを大人が意識し考え、学び、子供との会話で「食育」について教えていきましょう。

 

選食力を養う

旬のおいしさ、安心、安全な食べ物、食習慣や栄養バランスを見直して健康を維持しましょう。

 

共食力を養う

家族で囲む食卓を通して日本の食文化や、箸の持ち方などの正しい作法を子どもたちに伝えましょう。

 

地球の食を考える

農業や環境問題、食糧自給率など「食」に関わる問題を地球サイズで考えましょう。

 

健全な食生活を阻む6つの「こ食」に注意!

現代の乱れた食生活を表す言葉として「こ食」があります。

特に、若者に多い食習慣です。

 

これらの「こ食」は、健康被害だけではなく、心身ともに悪影響を及ぼします。

 

1. 孤食

◆家族が不在の食卓で、子どもが1人で食事をすること

 

孤食が続くと“好き・嫌い”を注意してくれる人がいないため栄養が偏っていきます。

また、コミュニケーションの欠如から社会性、協調性のない人間に育ってしまう場合もあります。

 

2. 個食

◆家族それぞれが自分の好きなものを食べること

 

親も好き勝手な物を食することが許されている環境で育つと、親に「ちゃんと、これを食べなさい」と言われても説得力がないため反発するようになります。

そして協調性がなく、わがままな性格になりやすい傾向があります。

 

3. 粉食

◆パン、ピザ、パスタなど粉を使用した主食を好んで食べること

 

白米と比べてもカロリーが高く、おかずも脂肪などが多くなるため、栄養が偏り肥満に繋がります。

 

4. 固食

◆自分の好きな物しか食べない、決まったものばかりしか食べないこと

 

栄養の偏りは勿論ですが、キレやすい性格になる傾向があります。

また、将来的に生活習慣病や肥満に陥りやすい体質になります。

 

5. 小(少)食

◆食欲がなく、少量しか食べないこと

 

女児に多いのですが「太るのが怖い」という精神的不安から、少食になってしまいます。

いわゆるダイエット状態である、この小食が続くと、必要な栄養素が足りず、気力も続かず無気力な子どもになりがちです。

 

6. 濃食

◆加工食品など、味付けが濃いものばかりを好んで食べること

 

塩分、糖分も多いため味覚が鈍くなり、新鮮な食材や栄養バランスが整っている食事を「美味しい」と感じなくなってしまいます。

 

おわりに

大人でも乱れがちな「食習慣」。

近年、なかなか規則正しく食事をとることができない人が増加しています。

 

日々、忙しい生活の中で疎かにしてしまいがちな「食事」ですが、食べることは生きるエネルギーとなります。

特に成長期の子どもは「食事」が大切だということがお分かりいただけたでしょうか。

 

子どもたちに「食育」を教えることにより、私たち大人も共に「食」について学ぶ機会を得ることができます。

ぜひ、この機会に「食」について考えてみてくださいね。

 コラムニスト情報
中根 千恵
性別:女性  |   現在地:東京都  |   職業:眼科検査技師/サービス介助士/食育インストラクター/メイクセラピスト/Webライター、コラムニスト

様々な資格・経験・知識を活かしてWebライター、コラムニストをしております。
購読して頂いた方々へ、ほんの少しでもお役に立てる内容を提供できる書き手で在りたいと思っております。
宜しくお願い致します。

【資格】
・眼科検査技師
・サービス介助士
・食育インストラクター
・メイクセラピスト

【他社Webサイト記事一例】
◆http://gippy.jp/writer/18

◆https://myreco.me/u/17462553567280758789

◆http://purelamo.com/author/chie

◆http://beauty.yahoo.co.jp/search?q=中根千恵

◆http://wooris.jp/?s=中根千恵&submit=検索

◆http://googirl.jp/entame-2/160515power001/

◆http://bimens.com/author/chie

◆http://woman.excite.co.jp/article/中根千恵/

【Facebook】
https://m.facebook.com/anank.chi?ref=bookmarks

 おすすめ新着コラム

     生活のコラム

     健康・医療のコラム

     育児・子育てのコラム