年齢と共に増えてくるシワ。そのシワを大きく深くする原因は、紫外線です。大シワを予防するための正しいスキンケア方法とは。

最近、顔のシワがさらに気になっていませんか?

こんにちは、美容研究家の永倉美麗です。

 

年齢とともに気になってくるのが、顔のシワ。

特に女性のみなさんは、気にされている方が多いのではないでしょうか。

 

悩ましいシワができるメカニズムとして、乾燥が大きく取り上げられます。

しかし、紫外線もシワに大きく関係があるのです。

 

 

誰にでもできる小ジワ…

顔にはたくさんの筋肉があることは、既にご存知かと思います。

 

その筋肉の衰えに伴い、目尻やほうれい線などにシワができます。

笑いジワと言われるシワも、ここで出来るのです。

 

これらは加齢によるものです。

 

加齢によるシワは避けられない自然現象である

通常、年を重ねると筋肉が衰えていきます。

それと同時に、肌の水分量やコラーゲン、ヒアルロン酸等の減少により肌の弾力が失われ、シワができるのです。

 

小ジワから大ジワへ変化させる原因は?

年齢と共にできてくる、小ジワや笑いジワ。

これが大きく深いシワになるのに、 実は「紫外線」が大きく関係しているのです。

 

まさか!皮膚の形状記憶現象が…

小ジワに紫外線が当たると、そこには皮膚の形状記憶現象が起こります。

形状記憶シャツのように、シワがしっかりと顔に記憶されてしまうのです。

 

そうして、小ジワから大ジワに至ってしまいます。

大シワを作らないための対処法は?

では、どうしたら大ジワを作らないようできるのでしょうか。

 

毎日の紫外線ケアが必須!

大ジワを作らないために必要なのは「紫外線ケア」です。

何よりも、紫外線に極力当たらないようにしましょう。

  • UVカット剤を使用する。
  • 大きめのサングラスをかける。
  • 帽子や日傘でカットする。

 

しかし、紫外線を避けるために、ずっと外に出ない訳にも行きません。
アウトドアレジャーの時期である夏は尚更ですね。

 

 

 紫外線を浴びた後は必ず保湿を行う

紫外線を浴びると、最もシワの原因となる肌の乾燥を招きます。

乾燥は、大敵です。

 

紫外線をたくさん浴びてしまった時は、しっかりと保湿をして下さい。

しっかり保湿をすることで、大ジワのできる経路を絶ちましょう。

 

  • たっぷりの化粧水をお肌に浸透させる。
  • コットンに化粧水を染み込ませ、目元にコットンパックをする。
  • シートパックなどで、顔全体に水分を吸収させる。

 

なお、焼けて赤くなってしまった場合は、化粧水を染み込ませたコットンを乗せましょう。

クールダウン&保湿が効果的です。

 

 

おわりに

紫外線が多いのは、夏がピークです。

夏場、少し外へ出ただけでも、肌はしっかりと紫外線を吸収します。

 

紫外線に当たったら、早めの保湿を行って下さい。

小まめなケアで、外的要因で出来るシワを撃退しましょう。

このコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

美容
LATTE BEAUTYに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ