第19弾【思わず吹いた】人工知能「Siri」との面白すぎる会話をまとめてみました。

人工知能「Siri」に聞いてはいけない質問シリーズ19弾目。Siriへの告白や、面白い質問まで、笑える会話を集めました。

執筆者: MI 職業:ライター

 

Siriとの会話がおもしろすぎる。

 

 

iPhoneに内蔵されている人工知能「Siri」に話しかけると、何とも恐ろしい答えや、かなり意味深な答え、面白い答えが返ってくると話題になっています。(第1弾~21弾はこちらから

Siriの都市伝説。19弾目は、思わず笑ってしまうようなSiriとのおもしろい会話を中心に集めました。実際に聞いてみるかどうかはあなた次第。

 

かたくなに拒否するSiri。

 

①「私のこと好き?」

 

⇒「Webで”愛”を検索しますか?

 

冗談です!」

 

②「私のこと好きですか?」

 

⇒「あっ…あそこに子犬が!」

 

 

③「ごめんねやっぱりお前のこと愛してる」

 

⇒「本当に気にしないでください。」

 

(いや、そうじゃなくて…) 

 

 

④「ごめんやっぱり好き」

 

⇒「大丈夫ですよ。」

 

(だからそうじゃなくて…)

 

 

 

⑤「私のこと好き?」

 

⇒「そのことはあとで話しましょう。」

 

 

⑥「私のこと好き?」

 

⇒「ここは、愛を求めるにはふさわしくない場所ですよ。」

 

(どんな場所?笑)

 

 

 

 

予想外の答えも…

 

⑦「君の名は」

 

⇒「私の名前はSiriです。もうご存じかと思っていました。」

 

(いいえ、そうではなくて、映画「君の名は」のことです。笑)

 

 

⑧「エヴァンゲリオン初号機起動」

 

⇒「なにか勘違いをされているんじゃないでしょうか…」

 

 

⑨「エヴァンゲリオン初号機起動」

 

⇒「リアクションに困ってしまいます。」

 

 

⑩「お風呂に入ってきます。」

 

⇒「いい湯だな、はははん…お楽しみください!」

 

 

⑪「トイレいってくる」

 

⇒「そうだと思っていました。」

 

 

 
⇒「そうだと思っていました。」

    

     

え?なんで?笑

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?
いくら質問しても、謎は深まるばかりの「Siri」。話しかけるタイミングや、質問のしかた、回数によっても返答は変わるようです。
あなたもさっそく「Siri」の謎にせまってみては?

 


▼今後もどんどん情報を更新するのでブックマークしてくださいね♩
       
▼第1弾~21弾まではこちらから

 

 

 

 
 コラムニスト情報
MI
MI
性別:女性  |   職業:ライター

コラムなど、執筆活動をしています。

美味しいものや、楽しいこと、楽しい場所をみんなに紹介するのが大好き。
Siriや都市伝説についても、たくさん執筆しています☺

 

 PC・家電のコラム

 趣味のコラム