嫌われる人の話し方には共通点がある!相手を不快にさせやすい5つの喋り方

相手を不快にさせやすい話し方を紹介。口調ひとつで、人に好かれるか嫌われるかが分かれます。印象が良くなる喋り方のコツとは?

執筆者: 石割美奈子 職業:臨床心理士 メンタルコーチ プロ家庭教師
イライラする!人を不快にさせやすい話し方とは?

こんにちは、 えむ心理研究室の石割美奈子です。

ゆったりと穏やかな話し方は、相手をリラックスさせ心地よい気持ちにさせてくれます。
けれども、口調によっては、相手を不快な気分にさせてしまうこともあります。

相手を良い気分にさせ、自分との会話を楽しんでもらうために、人を不快にさせやすい話し方についてご説明したいと思います。

 

 

話し方NG1 言葉遣いが雑、軽い
「〇〇じゃね?」「マジで~」

 

「性格も雑で軽い」と思われる

このように、乱暴な言い方や語尾を不用意に伸ばす等の軽い口調は、「この人、何事も(悪い意味で)軽そう」と感じさせます。

軽い口調=雑で軽々しい性格という図式が成り立ってしまいます。

 

話し方が残念なので頭が悪そうにも見える

また、頭脳的で仕事がデキる人は「穏やかな口調で冷静にしゃべる」というイメージがあります。
ですから、実際は賢く聡明な人でも、口調が軽いとそれだけで「知的な人」とは見られない可能性が高いです。

このような口調は、非常に損をします。
特に、自分の能力を適正に評価してほしいと感じる場所、例えば学校や職場では、軽い話し方は封印したほうが良いでしょう。

話し方NG2 早口である
会話が聞き取りにくい

早口な人の話は、聞き取りづらいですよね。

聞き取りづらさも不快の原因になります。

 

何度も聞き直すのは相手にとって負担である

聞き取れない場合は何度も「え?」「もう一回言ってもらっていい?」と質問しなければなりません。
この聞き直し行為も、聞き手にとってはかなり負担で「何度も聞き直して申し訳ないな」という気持ちも出てきてしまいます。

 

徐々に「あの人は早口だから、聞き取りづらいし、何度も聞き返すのも申し訳ないし、あまりしゃべらないようにしよう」と思って距離を置く人もいます。

早口は、貴重な人間関係を崩してしまう可能性すらあります。
落ち着いてゆっくり話すことを心がけましょう。

話し方NG3 マシンガントークである

マシンガントークの人っていますよね。
芸能人なら面白いキャラで済むのですが、日常生活でマシンガントークをされると、実は非常に不快になります。

 

捲し立てるような話し方は人を不快にさせる

切れ目のないおしゃべりは、それだけで印象が下がります。
「うるさい人」というだけでなく、「自分ばかりしゃべって自己中心的な人」「空気読めない人」という印象も付随してきてしまいます。

「嫌われてもいい。人とは違う変わり者キャラでいく!」

そう心に決めたのでなければ、マシンガントークはやめましょう。


特に、高い声で話し続けるのは「うざい」と嫌がられる要因になります。

話し方NG4 会話の声が高すぎる

声の高さも、口調の快・不快に密接にかかわります。
声が高すぎると、人を不快にさせやすくなります。

 

高い声は心をざわつかせる

高い声はそれだけで心をざわざわさせてしまいます。
高い声は人を興奮させてしまうのです。

 

キンキンした高い音が聞こえると、とっさに耳をふさぐ人もいますね。
高い音は出来れば聞きたくない音だと認識されやすく、本能的に避けたくなるのです。

 

高い声は女性から嫌われやすくなる

また、裏声みたいな声でしゃべる人は、「ぶりっ子」と勘違いされることもあります。
特に女性の裏声っぽい高い声は、「媚びてる」とか「自分のことかわいいと思ってる」と感じさせるため、残念ながら同性には受けが良くないでしょう。

 

ゆっくり話すことを心がけよう

とはいえ、生まれつき声が高い人もいます。

 

地声が高い人は、トーンを抑えようとするよりゆっくり話すようにすると、声が自然と低めになります。

ぜひ試してみてください。

話し方NG5 会話の声が低すぎる

逆に、声が低すぎるのも不快感につながります。

 

怖そう、冷たそう、機嫌が悪そう…

声が低いと、それだけで「機嫌が悪いのかな」と受け取られてしまうことが多いです。
さらに、声が低くて口数が少ないと「怖い人」という印象も与えてしまいます。

男性なら、低い声はダンディさや硬派さを演出できるので良いのですが、女性で低い声ですと「冷たい人」「いつも怒っている人」と思われかねません。

 

声を高くする必要なし!別の方法でカバーできる

高い声を出そうとして声を張ると、声が裏返ったり顔がこわばってしまったりする人も多いです。
ですから、無理に声を高くしようとしなくてもOKです。
むしろ、声が低い人には次の2点をお勧めします。

 

  • ポジティブな言葉を心がけること

声が低いとネガティブな感じを与えてしまうので、話の内容でカバーするのです。

 

  • 笑顔で話すようにすること

「怖い人」と思われないようにするために、笑顔で会話していきましょう。

 

話し方次第で第一印象が良くなることも多い

「しゃべりが早くなってないかな?」「声高すぎないかな?」 など、具体的に口調を気にするよりも、まずはリラックスを心がけましょう。

 

また、自分の口調に、過剰なコンプレックスを抱かないようにしましょう。
適度な自信を持って、相手の気持ちを慮りながら丁寧に話せば大丈夫です。

  • 自分らしい話し方で、飾らずに。
  • ゆっくりとあせらず、落ち着いて話すこと。

 

それだけで「この人と話していると気持ちいいな」「もっと話したいな」と思ってもらえるはずです。

 
 コラムニスト情報
石割美奈子
性別:女性  |   職業:臨床心理士 メンタルコーチ プロ家庭教師

えむ心理研究室室長、臨床心理士の石割美奈子と申します!よろしくお願い致します。

スポーツトレーナー、メンタルコーチ、心理相談員の経験を経てさらに心理学を深く学ぶ必要性を感じ、東京国際大学大学院臨床心理学研究科(博士課程前期)を修了。
臨床心理士の資格を得て、心理カウンセラー、メンタルコーチ、スポーツメンタルトレーナー(テニス・バレーボール等)、およびプロ家庭教師として活動しております。

2013年、心理学・教育学・スポーツ科学の統合的な研究と専門性を活かしたメンタルサポートをポリシーとする「えむ心理研究室」を立ち上げました。


【臨床心理士および「家庭教師カウンセラー」として】
心理カウンセラーとしては、精神分析を専門としており、主にカフェにてカジュアルなかカウンセリングを提供しています。
訪問心理療法、オンライン相談も承っております。

また、全国でも珍しい【臨床心理士でありプロ家庭教師でもある「家庭教師カウンセラー」】として、ご近所から遠方にお住いの方まで、幅広く学習支援と心理的な支援を同時にさせて頂いております。

得意な相談内容は以下のとおりです。

・不登校・ひきこもりの方と親御さんの支援
・発達の特性を持つ方と親御さんの支援
・夫婦関係の改善支援
・親子関係の改善支援
・精神分析的リワーク(復職支援)
・職場の人間関係の改善支援

日常生活ではなかなか得られない、心理的な洞察を深める和やかな相談時間をお約束します。

日本では「カウンセリング」というとまだまだ抵抗のある方も多いかと存じますが、より充実した日々を送るためのツールのひとつととらえて頂ければ光栄です。
どうぞお気軽にご相談ください。


【メンタルコーチとして】
スポーツ選手の方、
難関校合格を目指す大学受験生さん、
コミュニケーションに課題を感じる方を対象に、
メンタルコーチングをさせて頂いております。

勝利のために、夢を叶えるために、より良い対人関係のために。

精神分析を主軸とした自己洞察やイメージトレーニング、ロールプレイングなどを通じて一緒にがんばってまいります




コラムlatteでは心理学関連の記事を担当させていただきます。
ご覧くださった皆様にひとつでも参考にしていただける部分があるような、皆様の役に立つ記事を書き続けてまいります!


【石割美奈子の活動をお伝えする各サイトのご案内】

■カウンセリング・心理療法 えむ心理研究室
 http://ameblo.jp/m-f-culture

■スポーツメンタル強化コーチング
 http://tennis-mental.net

■臨床心理士×プロ家庭教師の学習支援
 http://ameblo.jp/m-freeproject

■えむ心理研究室 家庭教師カウンセラーのサイト
 https://m-shinri.jimdo.com/

 

 生活のコラム

 恋愛のコラム

 ビジネス・経済のコラム